Webiker Blog

50才からフリーランスをはじめたオートバイ乗りのブログです。

オートバイ

ハンドル周りの防寒対策

投稿日:2021年1月18日 更新日:

カブのハンドル周りの防寒対策を変更しました。
すこし防寒性能は落ちてしまいましたが、やはり安全第一です。

ハンドルカバーを外しました。

今冬は、ひさしぶりに雪が多いです、
私も日々、カブで雪上ライディングです。

そんな折、カブのハンドル周りの防寒仕様を変えてみました。
ちなみに、昨シーズンまでは、ハンドルカバーを愛用です。

ハンドルカバーは、防寒グローブ不要の最強アイテムでした。
この季節にグローブなしで乗れるというのは、使い勝手の面からも本当に最高です。

ただ、このハンドルカバーには、致命的な欠点があるのでした。
それは、転倒時にハンドルから手が離れないということです。

転倒時にハンドルから手が離れないのは、意外に危険だったりします。
実際、昨シーズンは慣れないスパイクタイヤで、手痛い転倒を喫しました。
そのときに、このハンドルカバーの影響で、路面に胸をしこたま打ちつけたのです。

そして、たぶん肋骨にヒビが入ってしまったのでしょう。
それからひと月近く、大笑いしたりくしゃみをする度に、脇に激痛が走るのでした。
なんとか自力で治しましたが、あの激痛には本当に閉口しましたね。

ということで、今シーズンは脱ハンドルカバーを敢行することにしました。
リスクの高い雪道だからこそ、すこしでも安心してBikeに乗りたいところです。

グリップヒーターで武装しました。

まずは、Amazonでグリップヒーターをゲットしました。
Bike仲間でも評判の、1,000円の中華製グリップヒーターです。
ブツは、クリックした日の翌日にポストに投函されました。

開封してみたら、半完成品でした。
でも、これで1,000円なら満足ですね。

半完成品のヒーターを組み立てたら、さっそくカブに取り付けです。
まずは、取り付け前に、作業スペースの防寒対策を行いました。

コールマン用の遠赤ヒーターアタッチメントです。
実はこれ、昨年の春にAmazonでみかけて衝動買いしたのでした。
ただ、手元に届いたのが桜が散る頃で、そのままガレージで出番待ちになっていたのです。

今回、ようやくデビューしたこの遠赤アタッチメント。
正直、足元がほんのり暖かいレベルですが、でもないよりは全然いいですね。
コールマンの燃焼音をBGMに、いよいよ取り付け作業に取り掛かりました。

とはいっても、布状のヒーターをグリップに巻くだけだから、いたって簡単ですね。

ちゃんとアクセルが回るように、確認しながら取り付けていきます。
その後、余分な線を束ねて、最後にUSBのソケットに接続すれば完了ですね。

そして、ふと足元を見ると、コールマンの周りの雪が溶解していました。

この遠赤アタッチメント、なかなかの熱量のようで満足ですね。
そのうち、極寒ツーリングのお供にしたいと思います。

ナックルガードも取り付けました。

グリップヒーターがついたところで、さっそく試運転です。
雪景色の桜並木というのも、ちょっといい感じですね。

それで、このグリップヒーター、思ったよりもなかなか強力でした。
雪上を30km/hに満たない速度で走るのなら、指ぬき軍手でも大丈夫な感じです。
1,000円でこの性能なら、評判以上にお買い得ですね。

ただ、ドライエリアを50km/hで走ると、やっぱりお手々が冷たいです。
やはり、ハンドルカバーレベルの防寒性能は期待できないようですね。

ここで、あらためてプロ仕様のカブを確認してみました。
そうしたところ、毎朝みかける新聞配達のカブには、ナックルガードがついていました。
なるほど、プロはこれで防風対策をしているのですね。

ということで、またもやAmazonで検索してポチリです。
数あるナックルガードの中から、その新聞配達カブと同じモノを選びました。

飾り気のないオフホワイトのボディが渋いですね。
付属のボスを取り付け、ミラーで固定します。

いい感じに取りつきました。

これまたすぐに試運転で、効果のほどを確かめます。
そうしたところ、思ったよりは防寒効果はないという結論でした。

というか、このナックルガード、妙に風がまわりこんできます。
場合によっては、着ける前よりも冷たい感じです。

その後、取り付け角度などを微調整して、すこしはよくなりましたけど。
でも、ハンドルカバーの快適さには、とうてい敵わない感じですね。

今シーズンは、この布陣で楽しみます。

以上、グリップヒーターとナックルガードによる防寒対策は、すこし残念な結果でした。
しかし、転倒のことを考えると、ハンドルカバーには戻れませんね。
また、Bikeコントロールの面でも、こちらの方が優れています。
やはり、安全第一ですね。

ということで、今シーズンはこの布陣で臨むことにします。
あとは、素直に防寒グローブですね。
こんな感じで、今年もカブでスキーに行きたいと思います。

Bikeいじりのあとは、ガレージでまったりとコーヒーを楽しみました。
遠赤アタッチメントは取り付けたまま、その上面でコーヒーを淹れることができます。

ガレージで、コーヒー片手にボーっとするのは至極のひとときですね。
冬キャンプを楽しむ方々の気持ちが、とてもよくわかるこの頃です。

厳冬も、コールマンがあればまた楽しですね。
そのうち、コールマンで極寒ステーキ焼きでも楽しもうと思っています。

-オートバイ
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

Bikeで雪道

蔵王にBikeで行ってきました 山形も、だいぶ冬らしくなってきました。そんな先週末の土曜日、その日は愚息は登校日。寒いので学校まで送ってくれなんて言うので、カブで送ってあげました。愚息のメットは半キャ …

万力購入記

長い間欲しいと思っていた万力を購入しました。ナイスな万力をリーズナブルにゲットできて満足です。 きっかけは、ガレージの断捨離です。 長い間、万力が欲しいと思っていました。これ、機械いじりするときの必須 …

13回目の車検徒然

900SSの車検が終わりました。そのときのよもやま話で、昔お世話になったBike屋さんの近況を知りました。ちょっと厳しい近況で、切なくなりました。たかがBike、されどBike。長い間乗っていると、や …

私のオートバイ履歴(3)

現在の私のメインマシンであるDUCATI 900SSについて、もう少し詳しく書いてみようと思う。 購入したのは1992年の9月、私の手元に来て間もなく四半世紀になろうとしている。 手に入れた当初の私の …

バンダナ徒然

お気に入りだったバンダナを失くしてしまいました。でも、奇跡的にすぐに代わりのモノが手に入りました。なにか、導かれる縁のようなモノを感じました。あまり迷信は信じない方ですが、でも世の中、不思議なこともあ …

WebikerBlogについて

WebikerBlogについて
50歳で在宅フリーランスを始めました。
Microsoft OfficeのSetupオペレータです。
自由と家族、オートバイを愛しています。
そんな私の日々や思うトコを書いています。

リンク
部屋と外食と私

札幌の美味しいモノ、トコロをたくさん紹介

PUMEHANA adventures
西表島のツアーガイドさんのページです。
大自然で五感がときめく癒やしの冒険!

共感いただけたらクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村


フリーランスランキング