Webiker Blog

50才からフリーランスをはじめたオートバイ乗りのブログです。

雑記

原発のこと

投稿日:2021年3月11日 更新日:

2011年3月11日、福島第一原子力発電所で事故が起きました。
原発については、完全に騙されていたと思っています。
絶対に許せないことですし、許すつもりもありません。
あの事故から10年、そんな私の原発に対する考えを書いてみたいと思います。

どうしてこんなことになるのか、理解できませんでした。

福島原発がヤバいという話は、震災翌日の未明に耳にしました。
ただでさえ混乱しているところに、降ってわいたような一報です。
想定外の危機に恐怖するとともに、どうして原発が?と混乱しました。
なぜなら、地震で停電になっても原発は大丈夫という説明を、以前に受けていたからです。

話は、いまから三十数年前に遡ります。
その日、私は大学で材料力学の講義を受けていました。

担当教官は、柔和で誠実な人柄が人気のT教授でした。
その日は最後の講義ということもあり、後半は先生の人生譚でした。

T教授は、東京大学工学部の大学院をでられた秀才です。
原子力の仕事をしたくて、東大に進学されたと仰っていました。

原子力は未来を築く素晴らしい事業だと、先生は信じていたとのことでした。
ところが、実際に携わってみると、最初の予想とはだいぶ違っていたようです。

「具体的には言わないけれど、これはちょっと無理かなって感じだったんですよね。」
と、先生はどこか遠くを見るような目で、意味深に仰られていました。
そして、地元に戻られ、風力発電の研究などをされていたのです。

この先生の原発話を聞きながら、私は講義室の片隅でひそかに衝撃を受けていました。
それは、三十年経った今でも忘れることができません。

当時、原発といえば、この国の粋でした。
名うての秀才たちが検討に検討を重ね、慎重かつ誠実に作り上げた絶対に間違いのないモノ。
原発に関する書籍や大人たちの言動で、子どものころからずっとそう信じていました。

そんな私の幻想を、T教授は見事に打ち砕いてくれました。
先生の人柄や実際に原子力に携わったという実績からも、発言には説得力があります。
そしてなによりも、先生の含みのある言い回しが、とても気になったのでした。

講義から数日たっても、先生の話は脳裏に焼き付き離れません。
こうなったら、百聞は一見に如かずです。
まずはその原発とやらを、実際に見てみようと思い立ちました。

地震が起きて停電になっても大丈夫と書いてありました。

調べてみると、福島に原発があることが分かりました。
手の届かないところにあるようで、実は意外にも日帰り圏内に存在していた原発。
ということで、ある梅雨の晴れ間の日曜日、私は双葉町に向けてBikeを走らせたのでした。

実際に行ってみると、発電所内は関係者以外、立ち入り禁止でした。
ただ、原発自体は、隣接する公園の高台から眺めることができました。

コンクリートの四角い建屋が四つ、海沿いに並んでしました。
当時はペイントはなく、無機質な白色の建屋でした。
初めて見る原発、ああ、これがこの国の技術の粋なのかと、感激したのを覚えていますね。

公園には、原発の資料館が併設されていました。
発電所が立ち入り禁止の代わりに、ここで疑似的な見学ができるようです。
資料館の真ん中には、原寸大の原子炉の精密な模型が展示されていました。

初めて見る原子炉(の模型)は、思いの外小さかったです。
模型はシースルーで、中身が詳しく分かるようになっていました。
また、手元のボタンで制御棒を上下させることもできました。

模型の前には、原子炉の説明があります。
その中に、原子炉は地震で停電が起きても大丈夫という一文がありました。

なんでも、原子炉は制御棒を落とせば停止するのだそうです。
そして、その制御棒は吊り下げ式、なので停電でも重力で落とせるということでした。

この完璧なフールプルーフ設計に、若い私はとても感動しました。
やはり、原発は、この国の秀才が築き上げた粋だったのです。
そして、あのT教授の発言は、なにか個人的な人間関係の話だったのかなと思ったのでした。

その日、資料館を訪れていたのは、私一人でした。
帰り際、受付のお姉さんから、びっくりするほどたくさんのノベルティを手渡されました。
そのときの下敷きは、いまも手元に残っていたりします。

東電は、私を騙していました。

そして、それから二十数年後のあの惨状です。
制御棒が下りれば停まるハズなのにと、最初は本当にワケが分かりませんでした。

その後、原発はポンプで水を回し続けないと壊れることを知ります。
つまり、制御棒を下しただけでは、原子炉は停止しないのですね。
結局、あの資料館の説明はウソだったのでした。

ここにきてようやく、私はT教授の真意を知ることになります。
確かに、これではちょっと無理かなって感じですね。
要は、原発とは、世間にウソをつかなくては稼働できないような代物なのでした。

という原発の現実からすると、その再稼働にはとても賛成できませんね。
もちろん、エネルギーの問題は大切だと思います。
でも、こんなダメシステムを稼働させてまで解決する必要はないですね。

エネルギー問題については、消費側の効率をいまの2倍にすればいいでしょう。
であれば、必要なエネルギーは、いまの半分ですむハズです。
これが、現実的な解決策だと思います。

ちなみに、事故があれで済んだのは運がよかったからです。
2号機の圧力が落ちて格納容器の破裂が免れた理由は、まだよくわかっていません。
なんとも、戦慄させられる話ですね。

ただ、あの格納容器については、もっと評価されてよいと思います。
あれは、T教授のように逡巡した原子力技術者たちの、唯一の良心のような気がします。

福島原発を訪れたあの日、双葉町には静かな時間が流れていました。
原子力明るい未来のエネルギーの看板はキラキラと輝き、夜ノ森の桜並木が美しかったです。
そして、あの素敵な風景は、いまは私の思い出の中だけに存在します。
つくづく、タダより高いモノはないと思うばかりですね。

-雑記
-, ,

執筆者:

関連記事

児童文化研究会の想い出

大学の四年間、児童文化研究会というサークルに所属していました。バリバリの工学部男子な私には門外漢なサークルでしたが、青春の金字塔です。そして、その後の私の人生にも、大きな影響を与えてくれました。今回は …

BTSにハマってしまいました。

50も過ぎた中年オヤジが、あのBTSにハマってしまいました。K-POPとは無縁だった私を、ここまでハメる彼らの魅力は凄まじいですね。そして、そこにはスーパースターの普遍的な真理がみえるような気がします …

トイレのバルブユニット交換

トイレが水漏れするようになったので、バルブユニットを交換しました。この修理、メーカーに頼んでもやってもらえません。後学のために、修理手順をアップしておきたいと思います。 突然、水漏れするようになりまし …

中津川の水没林

山形は飯豊町の中津川集落にある、水没林にいってきました。あいにくの天気でしたが、それゆえにとても神秘的でした。近くにはキャンプ場もあって、なかなかいい感じのトコロですね。それでは、今回はそんな中津川の …

SMAP所感

SMAPの解散が発表されて、間もなくひと月になろうとしている。私自身は特にファンというワケでもないのだが、配偶者が20年ちかくファンクラブに入っているフリークで、それ故にファンの方には失礼かもしれない …

WebikerBlogについて

WebikerBlogについて
50歳で在宅フリーランスを始めました。
Microsoft OfficeのSetupオペレータです。
自由と家族、オートバイを愛しています。
そんな私の日々や思うトコを書いています。

リンク
部屋と外食と私

札幌の美味しいモノ、トコロをたくさん紹介

PUMEHANA adventures
西表島のツアーガイドさんのページです。
大自然で五感がときめく癒やしの冒険!

共感いただけたらクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村


フリーランスランキング