Webiker Blog

50才からフリーランスをはじめたオートバイ乗りのブログです。

雑記

民族蔑視はゆるせない

投稿日:2021年11月4日 更新日:

秋といえばノーベル賞の季節。
それにかこつけて、またもやトンデモ記事がヤフーに掲載されていました。
しかも、その記事に賛同する、馬鹿丸出しなコメントまで溢れかえる始末。
本当に困ったモノだと、晩秋にため息ひとつです。

韓国がノーベル賞を取れない理由

今年も、ノーベル賞の季節がやってきました。
今回は、気象物理学の分野で真鍋淑郎さんが物理学賞を受賞しましたね。
日本人が受賞すると速報が流れて、まるでオリンピックのメダル獲得のようです。

でも、実際のところ、真鍋さんはアメリカ人ですからね
これを、日本人の受賞と報じるのは、ちょっと変な感じです。
というか、いまどきノーベル賞を国や民族で切り分けること自体がナンセンスですね。

そのような中、またもやヤフーニュースでひどすぎる記事をみかけました。
しかも、意外と世間受けがいいのがやっかいです。
個人的には、人類を不幸に陥れる危険な記事だと思うのですがね。

韓国を非科学的という、その記事が非科学的

そのひどすぎる記事はこちらです。
韓国がノーベル賞をとれない理由を分析した記事ですね。
短い記事なので、一読いただけたらと思います。

そして、そこに書かれている4つ目の理由が、これが本当にひどすぎます。
なんでも、韓国には科学の理性・論理・合理より非科学の感情を優先する社会雰囲気がある。
それが、韓国がノーベル賞を受賞できない最大の理由なのだそうです。

ぶっちゃけ、はぁ?という感じですね。
非科学の感情で妄言してるのはどっちだよと思ってしまいます。

それでは検証のために、仮にこの記事の結論が正しいとしましょう。
すると、ノーベル賞受賞者を輩出する国、たとえば日本やアメリカなどなど。
これらの国には、科学の理性・論理・合理を優先する社会雰囲気がある事になります。

でも、それって本当ですか?
ほんのすこしの理性と論理で考えれば、これがデタラメなことはすぐにわかりますね。

たとえば、何事にも忖度が必要な日本は、完全に感情優先社会です。
また、トランプ大統領を選んでしまうアメリカも、やはり感情優先社会でしょう。
ここでも述べたとおり、基本的に人間というモノは感情で動く生き物ですからね。

そして、ノーベル賞にもっとも必要なモノ、これは一にも二にも経済力です。
要は、ノーベル賞級の研究には、莫大なお金がかかるということですね。

一番わかりやすい例は、カミオカンデで受賞した小柴さんでしょう。
あの研究施設を作るのに莫大な費用が必要だったことは、素人目にも分かる話です。
また、今回受賞した真鍋さんも、その研究費用は150億円とのこと。
とても高額だった当時のコンピュータを使い倒して、あれだけの成果を出したのです。

まだ、日本が貧しかったころは、ノーベル賞を狙うなら理論物理学といわれていました。
この分野なら、紙と鉛筆、そして頭脳があれば研究ができるからです。
このエピソードひとつとっても、ノーベル賞にはお金が必要なことが分かりますね。

そして、その理論物理学とて、最低限研究者を養うお金は必要です。
それも20~30年スパンで、しかも、そのような基礎研究はすぐにはお金になりません。
結局、国としてこのような”投資”ができるかどうかが受賞のポイントなのですね。

戦後の最貧国から経済発展を成し遂げた韓国に、その余裕がなかったことは明白でしょう。
北朝鮮と休戦中で、軍備に国力を削がれるという事情もあります。
これが、理性と論理と合理から導き出される、韓国のノーベル賞無冠の理由だと思いますね。
それを、意味不明な国民性論で誤魔化そうというのは、あまりに稚拙だと思います。

現在、韓国ではノーベル賞獲得に向けて、国を挙げて対応を進めているようです。
たぶん、あと十数年もすれば、間違いなく成果は出るのではないのでしょうか?
はやく、この記事がデタラメであることを証明してほしいと祈るばかりです。

無意味に他民族を貶めるのは危険です。

それで結局、この記事がいいたいことは、慰安婦問題なのですね。
この問題に対して、日本に好都合の研究結果を認めない韓国社会は非科学の感情優先社会。
だからノーベル賞ひとつ取れないのだと、当てこすりしているだけなのですね。

ノーベル賞にかこつけて、日本の優生を誇示するニュアンスもいやらしいです。
裏を返せばチープな韓国蔑視、なんとも卑劣でゲスな記事だと思いますね。
でも、残念ながら、このような記事がよろこばれるのが現実です。
本当に、この国もゲスばかりの三流国だと思いますね。

そして、この記事は、とてつもない危険性をはらんでいます。
いくどとなく繰り返される戦争や紛争、そして悲惨なジェノサイド。
このような悲劇の土壌になるのが、この記事のような無意識の他民族蔑視なのですね。

ヤフーのような影響力のあるサイトに、このような記事を載せるのは犯罪だと思います。
PV数が取れるからと、垂れ流していい類のものではありません。
スルーせずに、おかしなものはおかしいと声を上げなければいけませんね。
これからも、このようなトンデモ記事をみかけたら、全力で晒していきたいと思います。

-雑記
-, ,

執筆者:

関連記事

Go to トラベルで思うコロナ禍への対処法

Go to トラベルを巡って、世の中混沌としていますね。そのような中、この件についてよくまとめられたブログ記事をみつけました。おかげで、私の頭の中もだいぶ整理ができました。改めて、Go to トラベル …

毛沢東スペアリブ

ブログ仲間のブログに、気になる料理が紹介されていました。その名も、毛沢東スペアリブ!見た目も美味しそうですし、それ以上に名前のインパクトが凄いです。さっそく、作って食べてみました。 ネーミングに惹かれ …

贖罪のお話、二本立て

週末に映画一本と、小説を鑑賞しました。個人的には、どちらも贖罪のお話のように感じ、せつない想いもダブルヘッダーでした。今回は、そんなセンチメンタルな秋の一日を書いてみたいと思います。 映画を観てきまし …

Perfume、かなり激しく大好き!

Perfumeのファンです。そう、あの広島出身のテクノユニット三姫のファンです。 ポリリズムで覚醒したアーリーマジョリティ、ファンクラブには入っています。残念ながら、アキバでチラシを配っていた頃からの …

整髪料は水

ヘアワックスにジェル、ムースにリキッドと、世の中は整髪料に溢れています。でも、私の整髪料は、ここ35年ぐらい水です。正直、水が最高最強の整髪料と思うのですが、世の人はどうして整髪料を使うのでしょう。今 …

WebikerBlogについて

WebikerBlogについて
50歳で在宅フリーランスを始めました。
Microsoft OfficeのSetupオペレータです。
自由と家族、オートバイを愛しています。
そんな私の日々や思うトコを書いています。

リンク
部屋と外食と私

札幌の美味しいモノ、トコロをたくさん紹介

PUMEHANA adventures
西表島のツアーガイドさんのページです。
大自然で五感がときめく癒やしの冒険!

共感いただけたらクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村


フリーランスランキング