Webiker Blog

50才からフリーランスをはじめたオートバイ乗りのブログです。

仕事

e-Tax狂騒曲【確定申告】

投稿日:2020年2月29日 更新日:

今年、初めての青色申告を、これまた初めてのe-Taxで処理しました。
弥生やFreeeなどの有料サービスは、一切使っていません。
結論から言うと、国税庁の確定申告作成コーナーで下書き、e-Taxソフトで清書ですね。
そんな、国税庁のサービスとExcelだけを使った、完全無料な青色申告顛末記です。

生まれて初めての青色申告

フリーランスになって2年目、確定申告も今年で2回目です。
前回は何も分からず何の下準備もなく、まずは白色でサクッと済ませました。
しかし、収入も月並みになった2年目の今年、いよいよ青色申告に挑戦です。

一応、青色申告するために、それなりの準備は整えてきました。
まずは開業届、提出済みです。
昨年はこれすらしてなくて、はい来年またきてねの状態でした。

次に、複式帳簿も準備しました。
これについても色々なやり方があって、正直どうしようかというところでした。
結局、50歳の手習いで複式帳簿をネットで学び、Excelで作り上げました。

ポイントが分かれば、損益計算書も貸借対照表もExcelで楽勝です。
ぶっちゃけ、フリーランスレベルで有料サービスを利用する意味が分かりません。
Excelでの複式帳簿の作り方は、こちらで詳しく解説していきたいと思います。

そして最後は、e-Taxの準備です。
今どき、確定申告もペーパーレスですよね。
これについては、マイナンバーカードとカードリーダーが全てです。

マイナンバーカードは、昨年の2月に申請して5月の頃にようやく手元に届きました。
カードリーダーは、推奨品をAmazonでサクッと購入です。
正直、このためだけに購入というのも微妙なのですが、仕方ないですね。

これにて準備は万端です。
一年かけて、Excelの複式帳簿に収入や経費などの入力もしてきました。
いよいよ、人生初の青色申告に挑戦です。

e-Taxに向けたマイナンバーカードの認証。

まずは、e-Taxをするにあたってマイナンバーカードの認証準備が必要です。
これについては、カードリーダーをパソコンのUSBポートに挿すだけかと思っていましたが、さすがにそこまでイージーではありませんでした。

結論から言うと、公的個人認証サービスというアプリをインストールする必要があります。
アプリのダウンロードは、こちらからになります。

セットアップファイルを起動するといろいろなソフトがインストールされます。
その中で基本となるのは、JPKI利用者ソフトです。
これがカードリーダーの動作などを確認するユーティリティソフトになります。
立ち上げると、以下のような画面がでてきます。

超シンプルな画面ですね。
マイナンバーカードをカードリーダーにセットし、パソコンにつないでソフトを起動します。
そして、【自分の証明書】ボタンをクリックすると動作が確認できます。
これで動作に問題がない事を確認してから、いよいよ申告書の作成に入ります。

確定申告作成コーナーは最強です。

国税庁のWebPageからe-Taxで確定申告するには、以下の4つの方法があります。

  • 確定申告作成コーナー
  • e-Taxソフト
  • e-Taxソフト(Web版)
  • e-Taxソフト(SP版)

このうち、Web版とSP版は限られた申告しかできません。
ぶっちゃけ、なんちゃってシステムです。
実際に使えるのは、確定申告作成コーナーとe-Taxソフトになります。

それで、通常は確定申告作成コーナーで作成するのがお勧めです。
これ、無料のサービスにしては、とてもよくできています。

上図の通り、まずは入力画面がとてもわかりやすいですね。
各項目も、ウィザード形式でさくさく入力できます。
必要な書類の取捨選択や面倒な税計算も、全部自動でやってくれます。

最後は、提出書類をpdfで出力してくれて完了ですね。
作成途中のデータをファイルとして保存することもできます。
ホント、よくできたシステムです。

正直、フリーランスレベルの確定申告なら、これで十分ですね。
寄付金控除などのよくある特例にも、もれなく対応しています。
重ねて、これだけの無料サービスがあるのに、どうして有料サービスを使うのか?
ごめんなさい、私には理解不能です。

ちなみにこの確定申告作成コーナー、入り口がいろいろなので以下にまとめておきます。
こちらが、e-Taxのポータルサイトからの入り口ですね。

そして、こちらがが確定申告ポータルサイトからの入り口です。

入り方がいろいろあって迷うのですが、最終的にこの画面にたどり着けばOKです。

実は昨年も、ここからサクッと白色申告なのでした。
そして今年も、ここから青色申告の予定でした。
しかし残念なことに、今年の申告は、このサービスではできなかったのでした。

この作成コーナーが使えなかった理由は、27条特例の適用です。
この特例に、作成コーナーは対応していないのでした。

作成コーナーは、レアな特例に対応していません。

27条特例、正式名称は「家内労働者等の必要経費の特例」です。
内容はリンクの通りですが、要は内職者には無条件で65万円の控除が認められる特例です。
それで、私のような在宅オペレータにも、この特例は適用されるのですね。

この特例を使う場合は、申告書第二表の特例適用条文等欄というところに「措法27」と記入する必要があります。
しかし、これが作成コーナーではできないのです。
もちろん、プリントアウトして手書きもアリなのですが、それではe-Taxになりません。

あらためてググってみると、e-Taxソフトで(特)と入力するとの由です。
65万円も控除されるこの特例、みすみす申告しないワケにはいきません。
ということで今回は、e-Taxソフトとやらを導入して申告してみることにしました。

e-Taxソフトは、とても硬派なアプリでした。

e-Taxソフトは、 e-Taxポータルサイト からインストールします。

まずは、ポータルサイトの左下にある上図のリンクをクリックします。
そして、セットアップのサイトにアクセスします。
あとは、サイトに書かれている通りにセットアップするだけです。

それで早い話、インストールは一発ではできません。
ソフトのインストール前に、証明書と信頼できるサイトの組み込みを行う必要があります。
これについては、セットアップのサイトに専用のインストーラーがあります。
というかまぁ、 セットアップのサイト の通りに作業を進めるだけですね。

証明書と信頼できるサイトの組み込みが終わったら、いよいよソフトのインストールです。
基本的には、ダウンロードしたセットアップファイルを実行するだけです。

それにしても、なんとも渋いセットアップ画面ですね。
こんな渋いセットアップ画面をみるのは、Windows95時代以来です。

インストールが完了してからも手ごわいです。
本体が起動する前に、科目を追加するようにと指示されます。

そして、この追加すべき科目がよくわかりません。
結局のところ、青色申告の場合は、申告>所得税>令和元年 を選べばよいようです。
それと、共通>プログラムにもチェックをつけます。

共通>共通テーブルは、申告科目を選ぶと自動的にチェックがつくようです。

必要な科目が追加されて、ようやくプログラムが起動します。
起動したら、まず最初に利用者ファイルの作成を行います。

要は、納税者の情報入力ですね。
ここでは、マイナンバーカードをセットしたカードリーダが必要です。
ウィザードの通りに利用者、要は納税者である自身の情報を入力していきます。
入力した利用者情報はファイル保存をして、あとから呼び出すこともできます。

そして、いよいよ確定申告の各種書類作成となります。
まずは、必要な書類を選んで組み込みます。

ちゃんと、27条特例の計算書もあります。
というか、ありとあらゆる特例などの書類が完備されています。
e-Taxソフト、最強です。

ただ、あまりに書類の種類が多くて、いったい何をどう準備したらよいのかが分かりません。
これ、確定申告を知り尽くしたプロ向けのソフトなのですね。

確定申告に疎い私の場合、ここは確定申告作成コーナーで生成された書類がお手本でした。
これをみながら、必要な書類をピックアップしていきます。
で、選んだ書類をひとつひとつ開いて、申告の金額などを入力していきます。

そしてこれもまた、作成コーナーと違ってやさしくありません。
要は、ウィザードといった初心者向けの便利機能がまったくないのですね。
提出用のフォーマットがガツンとでてきて、あとは必要に応じて入力してねのスタンスです。
合計ぐらいは計算してくれますが、基本は手入力です。
e-Taxソフト、あまりに硬派過ぎますね。

結局、これも確定申告作成コーナーで生成された書類をお手本にして入力です。
そんな感じで申告書ができたら、次は納付情報登録依頼を作成します。
こちらは、クリックすると自動生成できるようです。
ちなみに本年の税額は、このステージで確認できます。

そして、これら書類に電子署名して、あとは税務署に送信して完了です。
ネットバンクにも連動していて、そのまま納付もできます。
ソフト自体は手堅い作りで、この辺りは実にスムーズ&安定の一言でした。

ということで、なんとか完全無料で青色申告e-Taxをやり切りました。
確定申告コーナーだけで完了した昨年と違い、今年は少し苦労しましたね。
最終的には、確定申告コーナーで下書きしつつ、e-Taxソフトで仕上げるという感じでした。
なるほど、この強面なe-Taxソフトを使うなら有料サービスということになるのでしょう。
ここにきて、世の中の人が弥生やfreeeなどを使うワケが少し理解できました。

でもまぁ私としては、これにて確定申告はほぼ完璧です。
そして一度実績ができれば、あとはそれをトレースするだけですね。
来年の確定申告は、受電待ちの間に無料でのんびりと片づけることができそうです。

-仕事
-, , , ,

執筆者:

関連記事

転職顛末記-04

まずは第三関門の確認テストに向けて自己学習を開始する。しかし、開始初日から端末トラブルで後れを取ってしまう有様で幸先があまりよくない。そしてこの自己学習、約30時間のボリュームという事だが本当にその位 …

ソフトはただと思っている人

HOTな入電がありました。 昨日、今日と、ヒートアップしたお客様からのコールを立て続けに受けました。業界では、このようなコールをHOTといいます。 この仕事を始めて一年、ずいぶんとHOTコールにも慣れ …

転職顛末記-03

面接があったのは3月の第一水曜日。合否連絡は来週との話だったが、その週の金曜日に合格メールが届く。第二関門突破だ。(笑)そうとなれば、まずは退職を決めなくてはいけない。NTTコムチェオからは3月中旬か …

転職顛末記-08

このOJTとは、トレーナーがつきっきりで実際にお客様対応をする訓練である。まぁつきっきりといってもそこは遠隔、応対内容を聴きているトレーナーが状況に応じてチャットで次々に指示を出してくるやり方だ。そし …

2020年春のお仕事状況【近況報告】

在宅でコールセンターのオペレーターをしています。この仕事を始めて、まもなく丸二年になろうとしています。おかげさまで、仕事は順調に推移しています。そして、今年からトレーナーの仕事もするようになりました。 …

WebikerBlogについて

WebikerBlogについて
50歳で在宅フリーランスを始めました。
Microsoft OfficeのSetupオペレータです。
自由と家族、オートバイを愛しています。
そんな私の日々や思うトコを書いています。

リンク
部屋と外食と私

札幌の美味しいモノ、トコロをたくさん紹介

共感いただけたらクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村


フリーランスランキング