Webiker Blog

50才からフリーランスをはじめたオートバイ乗りのブログです。

雑記

「その年、私たちは」15、16話レビュー

投稿日:

韓国ドラマ、「その年、私たちは」の15、16話が公開されました。
昨年12月からはじまった本作も、いよいよこれが最終章です。
結論からいうと、とても、とってもやさしさにあふれたドラマでしたね。
ほっこりとした気分に包まれながら、そのレビューを書いていきたいと思います。

13、14話のレビューはこちら

クク・ヨンスの魅力は、チョ・イソ超えかもしれません。

韓国ドラマ、「その年、私たちは」が、いよいよ最終章を迎えました。
ヒロインのキム・ダミちゃん推しとしてリアルタイムで視聴してきましたが、感無量ですね。
ダミちゃんはもちろん、ドラマ自体がやさしさいっぱいの良作で大満足です。

最終章とあって、ダミちゃん演じるクク・ヨンスもベストシーンが目白押しですね。
まずは第15話から、ウンとラブなヨンスが、とにかく可愛いです。

またもやの、シャワーのあとのシーンも素敵ですね。

こちらも、本当にイイですね。
ヨンス画のチョンチョンが彼女にそっくりで、ウンでなくても笑ってしまいます。

出張先でみかけた高校生カップルに、思わずはにかむヨンス。
凝り固まっていた彼女の心が、少しづつほぐれてきていることを象徴するシーンですね。

長距離恋愛中のウンに会いたいと、ソリさんのお店でくだを巻くヨンス。
本作は、ダミちゃんの酩酊演技が楽しめるのも魅力でした。

今回、絶対に外せないのはこちらのシーン。
ウンに、やっと「サランヘ」を言ってもらえて感激するヨンスが愛おしいです。

そして、ヨンスパートのクライマックスはこちら。
強情っぱりのヨンスが、ウンの前ではじめて素直な女の子になれたシーンですね。

かんたんに謝ることすらできなかった彼女が、ウンに「ミアネ」を連呼します。
そして「つらいの。私、つらくてたまらない」と告白、ここは本当に泣けますね。
またひとつ自分の殻を破ったヨンス、個人的には本作で最高にお気に入りの場面です。

やはり、今回のクク・ヨンスはダミちゃんのハマり役ですね。
正直、梨泰院クラスのチョ・イソを越えたか…、いや、でもイソはイソで魅力的です。
このあたりは後日、見比べてみるのもまた楽しいかもしれないですね。

やさしさにあふれたフィナーレでした。

さて、お話のほうですが、こちらも失速することなく最後まで面白かったです。
まずは、第15話でひさしぶりに登場のヌア。
この盗作野郎にヨンスの劣等感を代弁させる展開、とても説得力がありましたね。
その脚本の妙技に、画面の前で思わず唸ってしまいました。

ハルモニも、相変わらず強くて格好いいです。
第15話でヨンスを諭すハルモニに、またもや胸が熱くなりました。

ウンの伏線回収は、どれもこれもが、この上なくやさしいモノでした。
これも、ウンの人がらがなせる業なのかもしれません。
そして、そんなウンを演じるウシクさんが、すごく素敵でしたね。

また、あの弾丸旅行のときの約束も回収されました。
第8話で手放してしまったウンの手、それを今度は温めていた手で握るヨンス。
ウンに対する彼女の愛に痺れましたね。

第16話では、NJがいい仕事してくれます。
彼女のアドバイスで、ウンがヨンスの決断を受け入れる流れ、よかったですね。
また、ジウンをフォローするドンイル先輩もいい動きです。

ジウンの片想いは、最終的には自然治癒でした。
2年という月日や片想いのプライオリティ、このあたりの描写が実にリアルでしたね。
また、このタイミングでのチェランの告白、これがとても可愛くてお気に入りです。

そして、圧巻なのはヨンスの人生棚卸シーン。
ここは、繰り返し観るたびに、目頭が熱くなってしまいます。

結局、幸せとは結果としての積分値ではなく、そのときどきの微分値なのですね。
そして、がんばる姿は誰かがみていて、その努力は必ず報われる。
そんなやさしいメッセージをさりげなく伝えてくれるところに、本作の良心を感じます。

あらためて第1話から振り返れば、奇をてらったシーンはひとつもありません。
どのエピソードも、普通にどこにでも転がっている人生の一コマばかりです。
それなのに、これだけ心を揺り動かしてくれる本作、ぶっちゃけ傑作だと思いますね。
こんなすばらしいドラマに巡り合えて、本当にうれしい限りです。

ただただ、心地よい余韻に浸っています。

ということで、配信開始の2か月前から楽しみにしていたこのドラマ。
終わったらロスが半端ないかもと思ってましたが、意外と心地よい余韻ですね。
ラストは想像以上の大団円でしたが、とてもよくまとまっていたと思います。
視聴者に必要以上に後ろ髪を引かせないところが、本作の完成度の高さを物語っていますね。

結局、この作品は、ただの切った貼ったのラブコメではありませんでした。
ウンとヨンスとジウン、そしてNJの成長痛を描いた、初夏をイメージする爽やかな青春群像。
まるで映画のようなドラマを配信してくる韓国エンタメは、やはりすごいですね。

ということで、まだしばらくはこの余韻を楽しむつもりでいます。
まずは、ベストシーンを集めた動画の作成でしょうか?
でも、本作はベストシーンが多すぎるので、作業は難航しそうです。

そして、やっぱりキム・ダミちゃんは最高でしたね。
個人的には、ドラマよりもダミちゃんロスの方が大きいかもです。
彼女の次回作が公開されるまで、本作にしばらく沼っていようと思っています。

-雑記
-, , ,

執筆者:

関連記事

お風呂が凍りつきました。

今シーズンは、なかなか寒いです。そのような中、自宅のお風呂が凍りつきました。でも、キチンと対策しておけば防げた事故でもありました。今後のためにも、顛末をブログに記しておきたいと思います。 三連休の初日 …

2020年YouTube マイベスト3

ネットやTVと並行して、今年もいろいろな動画を観ました。その中の、マイベスト3です。またもや、独断と偏見によるマイベストですが、よろしくお願いします。 第三位:ヒロシちゃんねる いわずと知れた、芸人ヒ …

マナブログ

毎日読めるブログです。 坂内学さんのマナブログ、面白いですね。今年の6月に存在を知ってから、ほぼ毎日読んでいます。これだけ飽きずに読めるのは、闇株新聞以来かもしれません。 面白いというよりかは、もの凄 …

私のクルマ遍歴 – 3台目編

クルマ遍歴第二弾は、私が3台目として購入したクルマのお話です。3台目は、それまでとはガラリと路線が変わりました。それでは、そんなクルマの思い出話を、つらつらと書いてみたいと思います。 ※1~2台目の記 …

アイドルの原点、私のキャンディーズ

聖子ちゃんにPerfumeと、独断と偏見のアイドル論を語ってきました。となると、やはりキャンディーズを無視するわけにはいかなくなります。この国のアイドル文化の原点はキャンディーズ。そして、私のアイドル …

WebikerBlogについて

WebikerBlogについて
50歳で在宅フリーランスを始めました。
Microsoft OfficeのSetupオペレータです。
自由と家族、オートバイを愛しています。
そんな私の日々や思うトコを書いています。

リンク
部屋と外食と私

札幌の美味しいモノ、トコロをたくさん紹介

PUMEHANA adventures
西表島のツアーガイドさんのページです。
大自然で五感がときめく癒やしの冒険!

共感いただけたらクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村


フリーランスランキング