Webiker Blog

50才からフリーランスをはじめたオートバイ乗りのブログです。

雑記

「その年、私たちは」11、12話レビュー

投稿日:2022年1月17日 更新日:

韓国ドラマ、「その年、私たちは」の11、12話が公開されました。
今回は、韓国ラブコメお約束の、ラブラブモード全開編でしたね。

正直、これまでの感情揺さぶられな展開からの失速感もありますが、嫌いではないです。
逆に、これぞラブコメの醍醐味という感じで大満足ですね。
その甘美な世界観にじっくり浸ったところで、レビューを書いていきたいと思います。

9、10話のレビューはこちら

ダミちゃんの可愛さ全開でした。

韓国ラブコメの10~12話はラブ全開期、これはある意味お約束な韓ドラ法則のひとつです。
そして多分に漏れず、本作も今回はラブ全開モードでした。
ヒロインのキム・ダミちゃんも、その可愛さが強烈全開で素晴らしかったですね。

まずは、ウンと気持ちを伝えあうシーン。
ウンから「愛してほしい」と告白されて、流す涙が美しすぎます。

翌日、迎えにきたウンに「これからよろしくね」と応えるヨンス。
ここも、ウンのセリフではありませんが、死ぬほど可愛いです。

ウンとヨリを戻して、ヨンスもすっかりキャラが変わりました。
第1話のときと比べて、表情がぜんぜん違っていて面白いですね。

ちなみに、梨泰院クラスのラブなイソとも、雰囲気が違います。
このあたり、さすが演技派ダミちゃんという感じですね。

そして、圧巻だったのは、ウンの完璧な想像の中でのヨンス。
モノトーンの映像が美しい、本当に美しいです。

たぶん、ここ今までで一番リピートしています。
今回は、ダミちゃん推しの者として最上級の回でしたね。
ドラマの展開云々以前に、その映像美だけで大満足でした。

ストーリーは、想定の上をいっています。

さて、お話のほうですが、こちらは相変わらず想定の上をいっています。
なんと、ウンの起爆剤は、近所の文具店で飼われているチョンチョンでした。

まさか、このような新アイテムがでてくるとは想定外です。
しかも、後半の重要テーマと思われたウンの心の傷も、存外にサクッとカミングアウト。
想像していたのとは、まるで違う展開でしたね。

そしてこちらの男も、まったく一皮むける気配がありません。

ウンとヨンスの復縁を知って、熱を出して寝込むジウン。
正直、こじらせすぎも、ここまでくると病気ですね。

第12話は、そんなジウンとウンのやり取りがハイライトです。
ヨンスからの誘いを断り、またジウンが聞きたくない話とわかっていて。
それでもあえて、いの一番ににヨンスとの復縁をジウンに報告するウン。
ウンのジウンに対する信頼と誠実さに、とても心が打たれました。

そして、それに応えようとがんばるジウン、これがまた切ないのですよね。
彼の殺風景な部屋が、その寂しい心象を象徴していて泣けるです。

でも、個人的な経験からすれば、ジウンは一度ヨンスに告るべきだと思いますね。
一度、彼女と腹を割って話せば、心の持ちようも変わってくるハズです。
もちろん、ウンもそれを大きな優しさで包み込んでくれることでしょう。

ジウンとNJのサシ飲みシーンは、片想い中な二人の対比が面白かったです。
このあたりも今後どのように回収されていくのか、楽しみなばかりですね。

ラストに向けての展開は、まったくわかりません。

ということで、物語もいよいよ終盤です。
韓国ラブコメの法則によれば、ここから最大の波乱と試練が発生するとのこと。
ネットで感想をみてみても、みなさん戦々恐々という感じですね。

この第12話を最終回にという意見から、ウンが死んでしまうという過激な予測まで。
チョンチョンのような新アイテム登場の可能性もありますし、状況は予断を許しません。
というか、ここまでくると考えるだけ無駄かもしれないですね。

取り急ぎ、現状の未回収な問題点を整理しておきます。

  • ジウンのこじらせすぎ問題
  • NJの純情すぎ問題
  • チェランのプレゼント渡せない問題
  • ハルモニの健康問題
  • ウン両親のカミングアウト問題
  • ウノとソリさんの功労賞問題

これだけの問題があれば、ウンとヨンスが破局するヒマはないような気もしますけど。
個人的には、海街チャチャチャに近い流れのようにも感じますし。
現時点でのハッピーエンド確率は、前回から5ポイント減の70%と予測します。

永劫回帰の視点から推測すれば、たぶんウンには海外からの話がくるのでしょう。
でも、ハルモニを抱えるヨンスは、ウンについていくことができない。
ウンのキャリアアップの足かせになると、ヨンスがまたイジイジ悩む。
最後は愛しているがゆえに別れるとか…、いや、妄想はここまでにしておきたいと思います。

それにしても、ヨンスハルモニはいいですよね。
今回一番胸が熱くなったのは、ハルモニとウンのサシのシーンでした。

「悪いのはすべて私だから、怒っているなら私にぶつけて」というハルモニ。
「(ヨンスは)そんな人ではありません。本当にいい人です。」と返すウン。
「そんなにわかっているのなら何をしているの?」と、ウンの背中を押すハルモニ。

ハルモニはヨンスの分身で、いつも彼女が言えないことを代弁してくれます。
共に苦楽を重ねてきたヨンスとハルモニの絆が、とてもいいですね。
そして、足元のナツメがウンとヨンスをつなげてくれる、本当に名場面だと思います。

ということで、この感動をおかわり希望ですね。
次回の配信、期待して待ちたいと思います。

-雑記
-, , , ,

執筆者:

関連記事

サラリーマン時代のお話-その3

今の仕事をはじめる前は、30年近くサラリーマンをしていました。いまとなっては懐かしい会社員時代です。そのときの思い出話、第三弾は私の一大転機のお話です。 サラリーマン時代のお話-その2はこちら。 入社 …

児童文化研究会の想い出

大学の四年間、児童文化研究会というサークルに所属していました。バリバリの工学部男子な私には門外漢なサークルでしたが、青春の金字塔です。そして、その後の私の人生にも、大きな影響を与えてくれました。今回は …

完全イソ推しの梨泰院クラス論

韓流ドラマの梨泰院クラスをみました。そして、イソの魅力にやられてしまいました。ここまでテレビドラマにハマったのも久しぶりですね。 それでは、本ドラマを知らない人には何のことかのお話にはなりますが。完全 …

共通テストのカンニング事件について思うこと

先月の共通テストで、カンニング事件がありました。正直、すごいことをする人がいるものだなと思います。そして、まだまだ学歴に囚われている人は多いのですね。その辺りのことについて、思うところを書いてみたいと …

オリジナルカレンダーをつくりました。

仕事部屋の卓上カレンダーをつくってみました。いまは便利なサイトがあって、材料になる写真があればサクサクとつくれます。そして、これがなかなかの満足度でお勧めですね。それでは、その一部始終をご案内したいと …

WebikerBlogについて

WebikerBlogについて
50歳で在宅フリーランスを始めました。
Microsoft OfficeのSetupオペレータです。
自由と家族、オートバイを愛しています。
そんな私の日々や思うトコを書いています。

リンク
部屋と外食と私

札幌の美味しいモノ、トコロをたくさん紹介

PUMEHANA adventures
西表島のツアーガイドさんのページです。
大自然で五感がときめく癒やしの冒険!

共感いただけたらクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村


フリーランスランキング