Webiker Blog

50才からフリーランスをはじめたオートバイ乗りのブログです。

オートバイ

スーパーカブが楽しい

投稿日:2019年9月10日 更新日:

ハマっています。

7月にカブが復活して、2ヶ月が経ちました。
復活してからの走行距離は1000km、ほぼ毎日乗っています。

もはや、蔵王温泉は週一ペースですね。
昭和チックな温泉街に、カブがよく似合います。

ただでさえ気持ちの良い蔵王温泉。
カブだと、それもまた格別ですね。

面白さの理由がわかってきました。

結論からいうとスピードですね。
これがカブの最大の魅力だと、2ヶ月のって分かってきました。

一般的に、乗り物によって風景の見え方は異なります。
クルマから見る風景は、部屋の窓からの風景に似ていますね。
これが列車や飛行機になると、TVや映画のスクリーンです。
乗り物が大きく立派になるほど、車窓から見る風景は現実離れするように思います。

そして、風景が一番リアルに見える乗り物はオートバイですね。
てか、見えるも何も、風景の中にまんま存在できるのがオートバイの魅力です。

ところが、同じオートバイでもスピードによって風景の見え方が違うようです。
カブに乗ることで、このことに気づかされました。

大型Bikeの巡航速度は下道で70~80km/h、高速なら100km/hを超えますね。
このぐらいの速度になると、いくらオートバイとはいえ、目に入る風景や土地の匂い、聞こえてくる音や温湿度感といったものが停車時とは異なってくるのです。

対して、カブの巡航速度は50km/h前後です。
この速度ですと、全身で感じるリアル感が、非常に濃厚なのですね。
多分、これが私をはじめ多くの人が原付二種にハマる理由なのでしょう。

これでロングをしたらどうなるのでしょう?

スピードが出ない分、走りの濃度が高いカブは、単に街中を走るだけでも面白いです。
大きいBikeでは入り込めないような路地の探検など、もう最高ですね。

勿論、大きいBikeで長距離をドカンといった走りは、とても刺激的です。
でも、カブのミクロな走りも、これはこれで楽しいですね。

先日は、息子が通う高校まで出かけてきました。
ちょっと古めの校舎とのコントラスト、この歳になると郷愁を感じますね。

来月は、往復600kmのロングをカブで走る予定です。
ドカなら日帰りの距離ですが、一体どんな走りになるのでしょう。
今から、とても楽しみです。

-オートバイ

執筆者:

関連記事

あいつとララバイ、私の原点

あいつとララバイは、私に多大なる影響を与えてくれたBikeマンガです。そこに描かれているのは、Bike乗りにとってのパラダイス、そして私の人生の原点です。今回は、そんなあいつとララバイの世界観を、私な …

カタナの想い出

2010年から4年間、GSX1100S、カタナのイレブンに乗ってました。このBikeも、私のオートバイ人生を語るのに欠かせない1台です。結論から言うと、とてもいいBikeでした。あの夢のような日々をし …

ハンドルカバー再び

一度取り外したハンドルカバーに、また戻りました。今度はカブ乗りの定番アイテム、ヤママルトのハンドルカバーです。友人の強い勧めもあってのことでしたが、さすが定番アイテムは違いますね。それでは、ハンドルカ …

二口林道を走破しました。

昨年のことになりますが、二口林道を走破したときの顛末記です。数年ぶりに開通した旧街道は、急峻でダイナミックな峠道でした。 数年ぶりに全線開通しました。 二口林道は、仙台と山形を結ぶ古の街道です。江戸時 …

あるオートバイ事故について

事故の記事をみかけました。 SNSで、あるオートバイ事故の記事をみかけました。Yahoo!のニュースにも載っているので、ご存じの方も多いと思います。 ツーリングを楽しむ夫婦2台のBikeに、ワゴン車が …

WebikerBlogについて

WebikerBlogについて
50歳で在宅フリーランスを始めました。
Microsoft OfficeのSetupオペレータです。
自由と家族、オートバイを愛しています。
そんな私の日々や思うトコを書いています。

リンク
部屋と外食と私

札幌の美味しいモノ、トコロをたくさん紹介

PUMEHANA adventures
西表島のツアーガイドさんのページです。
大自然で五感がときめく癒やしの冒険!

共感いただけたらクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村


フリーランスランキング