Webiker Blog

50才からフリーランスをはじめたオートバイ乗りのブログです。

雑記

整髪料は水

投稿日:2021年2月11日 更新日:

ヘアワックスにジェル、ムースにリキッドと、世の中は整髪料に溢れています。
でも、私の整髪料は、ここ35年ぐらい水です。
正直、水が最高最強の整髪料と思うのですが、世の人はどうして整髪料を使うのでしょう。
今回は、そんな私のグルーミングに関する想いを書いてみたいと思います。

洗顔を大切にしています。

朝起きてまず最初にすること、それは洗顔です。
これだけは、若いころから変わらない、私の生活習慣ですね。
もちろん、休日でも、外出をしない日でも欠かしません。
学生時分、昼夜逆転のような生活をしていたときも、洗顔だけは外しませんでした。

何かの本に、洗顔など身なりに気を使う人は逆境に強いと書いてありました。
シベリヤ抑留を生き延びた人は、どんなに過酷な状況でも小ざっぱりとしていたそうです。
これには、一理あると思いますね。
洗顔は、丁寧な生活を送る上での第一歩だと思います。

それで、その手順については、若いころから試行錯誤を続けてきました。
この歳になって、やっと流儀が確立した感があります。
まずは、その辺りのことから書いてみたいと思います。

毎朝、10分ぐらいかけて顔を洗います。

朝、ベッドから抜け出して着替えたら、まずは洗面所に向かいます。
鏡で顔色をチェックして、おもむろにタオルで顔をザブザブです。

ちなみに、どんなに寒い冬の朝でも、お湯は使いません。
お湯を使うと油分が取れすぎて、肌がガサガサになってしまうからです。

冷水で顔を刺激することで、頭のほうも覚醒してきます。
そうしたら、今度は洗顔フォームでじっくり洗顔していきます。

50歳も過ぎて、今ではそんなに脂ぎってはいなかったりします。
でも、やっぱり小鼻まわりは気になりますね。
適量の洗顔フォームを手に取り、気になる部分を中心に、さらっと洗い流します。

洗顔が終わったら、今度は洗面器に水を張ります。
それで、目を洗います。

これは、コンタクトを使っていたころからの習慣です。
水道水での洗眼はよくないという話もありますが、30年やってきて何の問題もありません。
逆に、目の汚れが取れて爽快です。

そして、洗眼が終わったら、おもむろに洗面器に張った水に頭髪を浸します。
浸している時間は2~3秒でしょうか。
そして、髪からしずくが落ちない程度に、タオルで軽く拭きます。

これで、お風呂上がりの後の、タオルドライ程度の状態になります。
髪を濡らしたらシェービングをして、その後にドライヤーで髪を乾かして完成です。
もちろん、寝ぐせなどは完璧に解消ですね。

これで、工数は10分前後です。
朝の忙しい時間のグルーミングにしては、そこそこ効率的だと思っています。

試行錯誤を繰り返しました。

もちろん、この形になるまでは、いろいろと試行錯誤がありました。
かつては、人並みに整髪料をつかっていた時期もあります。

最初に手にした整髪料は、ヘアリキッドでした。
1980年代、少しマセた中学生は、男性化粧品を揃えて悦に入ったモノです。

当時、化粧品メーカーからは、ブランド化された男性化粧品が各種リリースされていました。
たとえばブラバスとか、あるいはタクティクスとか。
友人が愛用していたタクティクスの香りは、今でも忘れられません。

そのような中で、私は微香性のアウスレーゼを使っていました。
あの、自己主張の少ない穏やかな香りがタイプでした。

ヘアトニックにリキッド、オーデコロンにアフターシェーブローション。
一応、ラインアップを一通り揃えて、洗面台に並べていました。

このうち、ヘアトニックとアフターシェーブローションは、普通に使っていました。
オーデコロンも、その日の気分で使う感じでした。
しかしヘアリキッド、これだけはほとんど使うことがありませんでした。

ご存じの通り、ヘアリキッドは整髪料です。
ちょっとべたついた液体で、髪形を整え固定させる効果がありました。

当然ですが、これをつけると髪がべたつきます。
今も昔も、手で髪を触るのが私のクセです。
なので、リキッドを使うと手がべたついてしまうのでした。

ということで、アウスレーゼのヘアリキッドは、間もなく洗面台のオブジェと化しました。
今でも、実家の洗面台に埃をかぶって鎮座していたりします。

そして、この頃から、私の整髪料は水になっていきます。
結局、寝ぐせを直すのにはこれが一番、リキッドで寝ぐせは直りません。

その後、大学生になったころから、今度はムースが台頭してきます。
それまでの整髪料と違って、ムースは仕上がりがナチュラルなのが特長でした。
また、寝ぐせ直し効果も絶大でしたね。

でも、結局ムースも整髪料なのでした。
リキッドほどではないにしても、やはり髪はべたつきます。
そんなことで、ムースも程なくオブジェと化しました。

ただ、このムースは父が愛用していましたね。
昭和一桁の彼は、若いときから柳谷のポマード一択だったんですけどね。

いずれにしても、リキッドもムースも肌に合わず、本日も水で整髪する私です。
現在、自宅には整髪料の類は一切ありません。

ちなみに、寝ぐせの原因は、髪の水素結合だったりします。
なので、理論からいっても、水が一番の整髪料なのですね。

しかし、今の世の中にも、これでもかというぐらいに整髪料が溢れています。
こればかりは、いまだによく分からない個人的な謎のひとつですね。

シェービングも大好きです。

洗顔のあとのシェービングも、毎朝欠かしません。
そして、こちらも紆余曲折がありました。

シェービングを始めたのは、高校生のときからです。
まだ、そんなに髭は生えていなかったのですが、こういうのが好きなのですね。

当時は、ブラウンの電気シェーバが、その刺激的なCMで話題でした。
でも、私はあえて電気シェーバーではなく、レーザーを使ってしました。

あのレーザーを使ったシェービングの、本格的っぽいところがよかったのですね。
また、小さいときから、床屋さんの顔剃りが大好きだったというのもありました。

レーザーは、Schickの最高峰モデルを使っていました。
当時は、二枚刃で首振りができるモノが最高峰でした。

また、シェービングフォームは、最初はSchickのモノを使っていました。
でも、もっと本格的にやりたくて、シェービングマグとブラシをゲットしました。
当時住んでいた田舎には、これらを売っているお店がありません。
なので、行きつけの床屋さんに頼んで、器具を扱う業者さんから取り寄せてもらいました。

マグとブラシで粉せっけんを泡立ててのシェービングは、至福のひと時でしたね。
もちろん、仕上げはアウスレーゼのアフターシェーブローションです。

このスタイルは、社会人になるまで続きます。
ローションは、大学生の頃からシーブリーズになりました。

しかし、就職して朝が忙しくなると、じっくりとシェービングができなくなります。
平日は電動シェーバーで、週末のみシェービングを楽しむ日々が続きました。
そして、在宅フリーランスになったのを機に、またレーザーでのシェービングが復活です。

ちなみに、今は粉せっけんではなく、シェービングジェルを使っています。
ジェルも花王のSuccessから始まって、いまはSchickのモノを愛用しています。

Schickのジェルは泡立つタイプなので、二枚刃の間が詰まらないのがナイスですね。
なお、レーザーは旅先でゲットしたアメニティのモノを使っています。

いまは、アメニティのレーザーでも首振り二枚刃ですからね。
剃り味は、かつてのSchick最高峰モデルと、まったく遜色ありません。
それに、耐久性もなかなかで、数か月は問題なく使うことができます。

というか、Schickなどのレーザーは、替え刃が高すぎます。
もちろん、あの替え刃が商売のネタなのでしょうから、仕方がないのですけれどね。

それと、いまはローションは使っていません。
シェービングジェルを使う限り、ローションは不要だと思います。
かつては、シェーブ前に蒸しタオルを使いましたが、それも今はやめています。

丁寧な一日は、朝の洗顔から

ということで、私のグルーミングと、それに対する想いでした。
たかが洗顔、されど洗顔です。
よい一日をスタートさせるためには、とても大切な儀式だと思います。

以前は、グルーミングのためのいろいろなグッズやツールを、洗面台に並べていました。
その辺に関しては、ここ近年でずいぶんとシンプルになりましたね。
また、お金も時間も、あまりかからなくなりました。
そして、朝のひととき、グルーミングの気持ちの良さを楽しんでいます。

そんな私は引き続き、整髪料は水ですね。
これについては、たぶんこの先も変わらないと思います。

いずれにしても、日々の寝ぐせにお困りの方は、ぜひ試してみてください。
水、最高です。


-雑記
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

ネットで稼ぐ

寝正月でした。 26日に少し早めに仕事を納めて、27日から家族で沖縄に行ってきました。29日に沖縄から戻って、30日からは買い物などお正月準備でした。家族で自宅の掃除をして、大晦日は午後から恒例の蕎麦 …

早起きライフは快適ライフ

ここ一年、とても早起きになりました。でも、若いころはずっと、夜更かしの朝寝坊体質でした。この夜更かし体質は、永久に変わることはないと思っていたのですが。いまは、早起き自体が楽しくて、自分でもこの変化に …

1970年代テイストの考察

映画を観てきました。 レオ様とブラピのダブル主演の話題作を観てきました。 典型的なミーハー映画ですが、その割には面白かったです。いや、面白かったというよりかは心地よかったかな? 映画自体は、たわいもな …

時間の守り方【雑記】

少し前になりますが、こんなツイートをみかけました。ぱっと見は、昭和世代に令和世代が噛みついて炎上している感じです。私も、当初は炎上するのも当然だろうと思いました。でも、少し考えると、昭和世代も令和世代 …

体育会系大っ嫌い

タイトルの通りです。 嫌いなモノがあまりない私ですが、これだけは嫌いです。嫌いというか、存在自体が許せないですね。 この国にはびこる各種ハラスメントや非生産性、あるいはくだらなさ。これら諸悪の根源は、 …

WebikerBlogについて

WebikerBlogについて
50歳で在宅フリーランスを始めました。
Microsoft OfficeのSetupオペレータです。
自由と家族、オートバイを愛しています。
そんな私の日々や思うトコを書いています。

リンク
部屋と外食と私

札幌の美味しいモノ、トコロをたくさん紹介

PUMEHANA adventures
西表島のツアーガイドさんのページです。
大自然で五感がときめく癒やしの冒険!

共感いただけたらクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村


フリーランスランキング