カブの荷物箱を交換しました。

カブの荷物箱を交換しました。
いろいろ悩みましたが、結局はいままでと同じコンテナ箱です。
やはり、カブの荷物箱は、ふたが外せるかどうかが大切ですね。

今まで使っていた箱が壊れました。

ここ3年ぐらいカブの荷物箱として使っているプラ製のコンテナ。
ひさしぶりに下敷きをめくってみたら、底面にヒビが入っていました。

今すぐ全壊するような感じではありませんが、雨水は侵入してくると思います。
気になる部分を抱えて走るのは嫌なので、サクッと交換することにしました。

ちなみに、今まで使っていたのは伸和のTAGBOXなるコンテナ箱です。
30年以上前に、クルマのトランクに入れておく備品収納用に買ったコンテナでした。
とても丈夫なコンテナでしたが、さすがに経年劣化なのだと思います。

ということで、スマホ片手に新しい箱を物色です。
まず最初に出てきたのがホンダ純正の鉄箱、銀行の外回りカブについていますね。
プラスチック製が多い中、材質が鉄というのがなかなか渋いです。

あとは、バイク便定番といわれるJMSのラゲージボックス
しっかりとした作りの分、お値段がいいのがちょっと難点ですね。

となると、本命はやはりアイリス箱でしょうか?
鍵付きで3,000円を切るお値段、人気があるのもわかる気がします。

たかが荷物箱、されど荷物箱。
このようにあれこれ悩んでいるときが、一番楽しいですね。

ふたが外せないといけないことに気づきました。

ということで、二週間ぐらいいろいろと検討してみました。
そしてふと、荷物箱のフタは脱着できないとダメなことに気づきました。

たとえば、キムチ作りでネギや大根を買ったとき。

あるいは、Bike犬するときなど。

結局、私の場合は、コンテナタイプであることが必要なのですね。
また、下手に鍵が付いていたりすると、無くしたときに面倒そうです。
そもそも、いま住む街の治安レベルであれば、鍵は必要ありません。
ということで、さんざん悩んだ挙句、以前と同じ箱にすることにしました。

アイリスのBL-21エコブラックにしました。

ところが、これまで使っていた伸和のTAGBOX03ですが、黒色のモデルが見当たりません。
すこし前までは検索するとでてきていたのですが、いまは生産していないようです。
そこで、アイリスのサイトをみてみたら、ほぼコンパチのコンテナがありました。

型番はBL-21、色はエコブラックにしました。
楽天のとあるショップが最安値、送料込みで2,153円です。
ひさしぶりに、楽天経由で注文しました。

注文の翌日、無事に箱が届きました。
伸和のコンテナと並べてみると、金型流用していると思えるほどにコンパチです。

コンパチなので、取り付けも以前の方法を踏襲するだけです。
まずは、コンテナの底面に以前と同じように穴をあけて。

これまでと同じ要領で取り付けました。

最後にステッカーで仕上げてできあがりですね。
今回は、赤ウィングマークでキメてみました。

できあがったら、さっそく試運転です。
愛犬を載せて、近所の河原までショートツーリングしました。
10kgの愛犬を載せても問題ないので、取り付けは大丈夫でしょう。

河面は、もうすっかり初夏の雰囲気ですね。
そして、まもなく梅雨入りになります。
荷物箱も新しくなったところで、梅雨入り前にどこか走りに行きたいところです。