Webiker Blog

50才からフリーランスをはじめたオートバイ乗りのブログです。

オートバイ

趣味のシャフト溶接

投稿日:2021年7月5日 更新日:

溶接作業が好きだったりします。
今回も、オートバイの整備用にシャフトの溶接をしてみました。
決して上手ではないのですが、うまく接合できるとうれしいです。

φ9.5mmのシャフトを連結します。

スイングアームを壊してしまった、我が愛機900SS。
現在、交換に向けて着々と準備を進めています。

まず、交換するためには、車体をジャッキアップする必要があります。
基本的には、エンジン下にジャッキをいれてのアップですね。

ただ、直接エンジンにジャッキをかますと、オイルパンが割れそうな感じで怖いです。
オイルパンが割れたら、それこそ万事休すですね。

それで、いろいろと調べてみると、900SSにはリフトアップ用の穴があるようです。
この穴を使うリフターも、市販されているようですね。
ということで、まずはそれ用のシャフトを準備することにしました。

シャフトの径は10mm以下、長さは400mmは欲しいところです。
手元に、3/8のユニファイねじがあるので、これを使ってみることにしました。
直径は9.5mm、一本の長さが220mmぐらいなので、2本を溶接でつなぐ作戦です。

もちろん、ホムセンで鉄の丸棒を買ってくれは、溶接など不要ですけれど。
でも、今回は久しぶりに、溶接をしてみたい気分なのです。

溶接は、決して上手ではないのですが、作業自体が好きなのですね。
初めて溶接したのは大学の工作実習のときで、ちょっと虜になったのでした。
その後、ホーム用の100V溶接機を買ってからは、気が向いた時に楽しんでいます。

ちなみに、熔接機はスズキットのホームアークナビプラスですね。
12年前に、一万円を切る価格で売られてるのをみて、衝動買いしたのでした。
個人的には、家庭用100Vで溶接の醍醐味が味わえる、とても素晴らしい製品だと思います。

まずは、下準備がいろいろあります。

溶接は、これまでもいろいろやってきましたが、2本の丸棒をつなぐのは初めての挑戦です。
まずは、サンダーでボルトの頭を落としました。

そのあと、接合部分がL字型になるように、これまたサンダーで削っていきます。

ほとんど目感ですが、いい感じに削れました。
ちなみに、大学の実習では、溶接個所はV字型にすべしと習った記憶があります。
ということで、今回はそこを狙って加工していきます。

接合部分の加工が終わったら、こんどは万力でまっすぐに固定ですね。
曲がった状態で溶接したらお終いですから、ここは慎重にすすめていきます。


固定ができたら、点付で仮溶接ですね。

なんとか、万力と溶接してしまう事なく、仮留めすることができました。
ここまでできたら、いよいよ本格的に溶接していきます。

まずは、万力を2つ使って、シャフトをきっちり固定します。
この固定の良し悪しが、溶接の成否を決めるカギになりますね。

接合部分も、いい感じでV字型に仕上がっています。

そして、熔接に入る前に、ガスバーナーで接合部分を10~15秒ほどプレヒートします。
パワーの足りないホーム用溶接機であればこその策ですね。

プレヒートが済んだら、いよいよ溶接ですね。
一か所につき溶接棒1本のペースで、思う存分に溶かし込んでいきます。

ジジジジというアークの音、飛び散る火花、そして真っ赤に焼ける鉄の匂い。
この、いかにも機械工場的な雰囲気が、とても好きなのですね。
溶接棒でワークを溶かし込むほどに、日々に疲れた精神も浄化されていきます。

そして、溶接個所が冷えたらハンマーでスラグを取ります。
もはや、気分は街の鍛冶屋さん、とても楽しいひとときですね。

思った以上にうまくできました。

溶接が終わったら、サンダーで仕上げていきます。

上下左右と四か所から、じっくりアークを当てただけあって、よく溶け込んでいますね。
一応、足で踏んで体重をかけても折れないぐらいの強度はあるようです。

家庭用100Vの溶接機では、元のワークと同じ強度を得るのは無理といわれていますけど。
でも、これだったら、なんとかBikeを上げられるような気がします。

リフト用の穴にも、うまく収まって一安心ですね。

何はともあれ、今回はまっすぐに溶接できたのがうれしかったです。
この万力、やっぱり買ってよかったですね。

あとは、ジャッキアップしてどうなるかですけど。
もちろん、ダメだった場合は、素直にホムセンから丸棒を買うだけの話ですね。

作業を終えて洗面台で手を洗っていたら、腕時計が異様に光っているのに気づきました。

蛍光塗料がこれだけ光っているのは、はじめてみました。
やっぱり、アーク溶接の光量って半端ないのだと、再認識しましたね。

そしてその日の夜、Amazonを眺めていたら、自動遮光のお面が格安で販売されていました。
熔接を愛するモノとしては必須のアイテム、折をみて購入しておこうと思っています。

-オートバイ
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

私のオートバイ履歴(4)

念願のDUCATI 900SSを手に入れた私は多くのライダーがそうであるように、最初の一年は暇さえあれば900SSで走り回る日々。置き場所は、親父が使っていた旧店舗とした。最初から室内保管だったお陰で …

続-Bike修理

昨年の夏にアップしたっきりになっていたBike修理の顛末、実は昨秋に完了していたのだがブログにアップするまで手が回らすにいた。今更という感もあるのだが中途半端なのも嫌なので、このタイミングで記しておこ …

日帰り北山崎ツーリング 2019

今年の5月に敢行しました。 4か月前の話になりますが、三陸の北山崎に日帰りで行ってきました。 このブログのトップページ画像は、この時に撮影したモノだったりします。通り雨に遭遇し、濡れ濡れになった我が愛 …

オートバイと桜、900SS編

今年も、やっと桜が咲きました。日曜日はタイミングよく晴天だったので、Bikeで出かけて撮影会です。今回も、私なりにいいお花見ができました。 一気に満開になりました。 先週末の時点では、まだ蕾ですらなか …

日帰り桐生ツーリング 2020

今年も、大切な友人に会いに桐生まで走ってきました。少々肌寒かったモノの、いい走りができました。 いつもより、早く出発できました。 今年も、桐生まで走ってきました。桐生には、大切な友人がいたりします。彼 …

WebikerBlogについて

WebikerBlogについて
50歳で在宅フリーランスを始めました。
Microsoft OfficeのSetupオペレータです。
自由と家族、オートバイを愛しています。
そんな私の日々や思うトコを書いています。

リンク
部屋と外食と私

札幌の美味しいモノ、トコロをたくさん紹介

PUMEHANA adventures
西表島のツアーガイドさんのページです。
大自然で五感がときめく癒やしの冒険!

共感いただけたらクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村


フリーランスランキング