Webiker Blog

50才からフリーランスをはじめたオートバイ乗りのブログです。

雑記

逃げ恥婚と板野友美さん

投稿日:2021年7月1日 更新日:

一件、何の脈絡もないようなテーマですけれど。
実は、最近、結婚報道されたところが共通点です。
そして、あらためて世の中は好きか嫌いかで回っているのだなぁと思いました。
今回は、そんなところをつらつらと書いてみたいと思います。

逃げ恥婚は職場結婚。

星野源さんと新垣結衣の逃げ恥婚が、ずいぶんと世間を賑わせましたね。
正直、このドラマはいまひとつハマれなくてよく観ていないのですけれど。
でも、そんな私でも、ちょっとビックリのニュースでした。

映画やドラマで恋人や夫婦役のお二人が、現実でもそのまま結婚してしまう。
昭和の頃なら、三浦友和さん、百恵さん夫婦とかありましたけどね。
最近でこのような展開は、なかなか珍しいと思います。

それで、ネットニュースなどを眺めていると、これは職場結婚という解説が多いですね。
たしかに、私もその通りだと思います。

仕事には、その人の人間性が如実に反映されますからね。
人生の伴侶に足るかどうかは、一緒に仕事をしてみるのが一番の判断材料です。
このあたりは芸能界に限らず、一般の職場にも通じるところがあるでしょう。

星野さんも新垣さんも、芸能人にしてはとてもノーマルで実直そうな感じの人ですしね。
そんな二人が、仕事を通じて真剣に向き合えば、結婚も自明のことかもしれないです。

そして、お二人の結婚については、世間受けがとてもいいですね。
もちろん、これは逃げ恥の、作品世界のイメージが大きいでしょう。
個人的には、架空の世界と現実とが一緒になってしまうのには違和感があるのですが。
でもまぁ、職場結婚なら仕方がないかもしれませんね。

いずれにしても、お二人には末永くお幸せに。
仕事を通じてのカップルなので、結婚生活も順風満帆だと思います。

板野友美さんも結婚されたのですね。

さて、この逃げ恥婚のすこし前に、元AKBの板野友美さんの結婚のニュースがありました。
ご懐妊もされているとのことで、こちらもおめでたいですね。
ただ、ネットでの評判は、逃げ恥婚のお二人とは真逆だったりします。
正直、残念なことだと思います。

ちなみに、私は板野さんのことを一目置いていたりします。
それは、東日本大震災の被災地訪問ライブにおける、彼女の行動ですね。
偶然、夕方のローカルニュースで拝見したのですが、とても感動的でした。

その被災地ライブは、宮城県名取市で行われました。
当時、私が勤めていた職場の、すぐ近くで開催されたライブです。
ニュースは、ライブ会場にバスでAKBメンバーが向かうところからはじまります。
そしてライブが終わりメンバーが撤収しようとしたときに、一人の女性が駆け寄るのでした。

「津波で亡くなった息子がファンだったんです。」
「お線香一本、あげていっていただけないですか?」

と、その女性はメンバーに懇願するのですね。
突然のイレギュラーな申し出に、メンバーもスタッフも困惑です。
そうしたところ、おもむろに板野さんが「行こう!」といって女性宅に向かうのでした。
そして、亡くなったファンを、メンバーみんなでお参りしたのですね。

あの状況であの判断ができる板野さんは、ぶっちゃけ女傑だと思いましたね。
当時の彼女は、まだ二十歳前後だったと思いますが、凄い判断力と行動力です。
生きていく上で大切なモノが、キチンと分かっている人なのだと思いました。

板野さんの行動で、震災で愛息を亡くしたあの女性がどれだけ救われたことか。
そんなローカルニュースの一コマに、私はとても感動したのでした。

世の中は、好き嫌いのイメージだけで回っている。

ということで、そんな板野さんのご結婚は、個人的にはとてもうれしいニュースでした。
お相手は年下の野球選手ということで、これも彼女らしいなぁと思いましたね。
たぶん、彼女のことですから、いい姉さん女房になることでしょう。
とても、お似合いの夫婦だと思いますね。

しかし、そんな板野さんに対する世間の風たりは、なぜかきびしいですね。
勘違いしているとか、すぐに別れるだろうとか、酷いコメントばかりが目に留まります。
なんとも、イメージだけでしか判断ができない残念な人が多いモノですね。

もちろん、これは板野さんのイメージからくるところなのでしょうけれど。
AKB時代、彼女は唯一の茶髪で、ちょっとチャラい雰囲気でした。
でも、実際のところは前述の通り、硬派で姉御な方なのですよね。

結局のところ、見た目と内面にギャップのある人は誤解されやすいのだと思います。
そして、世間からは疎まれてしまうことが多いですよね。

ただ、そのような彼女のことをキチンとみている人もいるのでしょう。
ですから、業界からは、とても好意的に取り上げられているのだと思いますね。

ということで、板野さんにはこれからも、結婚生活をがんばってほしいいです。
彼女のようは人なら、プロ野球選手の奥様業は天職でしょうね。
彼女のフォローで旦那さんがどれだけ飛躍できるのか、密かに期待しています。

それにしても、逃げ恥婚と板野さんの、この世間受けの違いには愕然とさせられます。
相変わらず、世の中は無責任な好き嫌いで回っているモノだと痛感しますね。

このようなことで傷つく人がいるのは、やはり悲しいことです。
また、これが戦争や紛争の引き金になったりするのですよね。
世界平和のためにも、これからも本質を見極めていきたいモノだと思うばかりです

-雑記
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

贖罪のお話、二本立て

週末に映画一本と、小説を鑑賞しました。個人的には、どちらも贖罪のお話のように感じ、せつない想いもダブルヘッダーでした。今回は、そんなセンチメンタルな秋の一日を書いてみたいと思います。 映画を観てきまし …

そして、今年も半年が過ぎた

今年こそはブログをちゃんと書こうと思って気づけば半年。 極寒だった1月から、気付けば灼熱の梅雨明け手前、本当に自分でも笑うしかない体たらくである。 かといって、ブログに向かうというのもそれなりにエネル …

父の思い出

やる気のない息子です。 現在、高校一年生の我が息子、まるでやる気がありません。高校入試では少しやる気を見せましたが、進学してからはまるでダメ。日々、ネットとゲーム三昧で、成績も下降の一途です。 こうな …

女性蔑視と社会進出

オリンピック組織委員会の森会長が辞任しました。このドタバタ劇をみても、女性の立場はまだまだ発展途上なのだなぁと感じますね。今回はその辺りのことを、山口ミルコさんの自叙伝を絡めて書いてみたいと思います。 …

気楽な50代

思っていたよりも気楽です。 50代に突入して、まもなく2年です。若い頃は、50歳にもなったら人生終わりなんて思ってましたけど。でも、実際はそんなことないです。 今でも、気持ちは25歳の頃のままです。そ …

WebikerBlogについて

WebikerBlogについて
50歳で在宅フリーランスを始めました。
Microsoft OfficeのSetupオペレータです。
自由と家族、オートバイを愛しています。
そんな私の日々や思うトコを書いています。

リンク
部屋と外食と私

札幌の美味しいモノ、トコロをたくさん紹介

PUMEHANA adventures
西表島のツアーガイドさんのページです。
大自然で五感がときめく癒やしの冒険!

共感いただけたらクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村


フリーランスランキング