Webiker Blog

50才からフリーランスをはじめたオートバイ乗りのブログです。

腕時計 趣味

PRO TREC 三度購入

投稿日:2020年1月19日 更新日:

ワケあって、PRO TRECを再々購入しました。
今のPRO TRECは、ずいぶんと雰囲気が違いますね。
往年のPRO TRECファンによる、浦島太郎レビューです。

沖縄で紛失してしまいました。

昨年末、電池交換して復活したばかりのPRO TREC を紛失してしまいました。

PRW-500、電波ソーラー化を果たした第二世代のPRO TRECです。
1台目のPRO TREC を電池交換時に壊し、リベンジ購入した2台目のPRO TRECです。
ツインセンサーでスマートな筐体、ブルーなカラーが個性的ですね。
初代電波ソーラーのG-SHOCKが電池切れを起こして使えなくなってからしばらく、メインマシンとして活躍してくれました。

電池交換で数年ぶりに復活したのをいいことに、沖縄旅行に持っていったのですがね。
帰りの那覇空港で、落としてしまったのです。

預け荷物の照合シールが行方不明になったのが事の発端。
待合ブースでバックの中身をひっくり返して、あれやこれや探したのです。
それでシールは出てきたのですが、その時に時計を落としたようなのです。

そもそも、どうして大切な時計をバッグなどに入れていたかという話ですが。
今回、配偶者とのペアウォッチと時計を2つ持っていってまして。
そして、その時はPRO TRECをバッグに入れていたのですね。
PRO TRECがないことに気づいたのは飛行機が離陸した後で万事休す。
正直、お気に入りの時計でしたので、大ショックでした。

ただまぁ、それとは別にトリプルセンサーモデルが欲しいとの想いがずっとありまして。
また、この PRW-500はずいぶんと使い込んでいて、筐体やベルトがかなりやれていました。
なので心機一転、これを機に念願のトリプルセンサーな電波ソーラーPRO TRECを購入することにしたのです。

買うなら、PRW-3100か3510

以前からPRO TRECはチェックしていて、買うなら3100か3510のどちらかと思ってました。
こちら、電波ソーラーPRO TRECのベーシックモデルです。
そしてデジタル派の私としては、やはりこのフェイスでないとという感じですね。

左が3100で、右が3510です。
見た感じ、3510の方が往年のモデルを彷彿とさせるヘビーデューティーなデザインですね。

この2つのモデルの大きな違いは防水性能です。
3100が10気圧防水なのに対して、3510は20気圧防水です。
ダイビングなどとは縁のない私には、10気圧防水の3100で十分ですね。
デザインは、どちらかというと3510が好みです。
でも、写真で見る限り、3100も悪くない感じです。

お値段は、Amazonですと3100が28,000円3510は29,000円ぐらいです。
う~ん、ちょっと高いなぁって感じですね。
失くした時計のリベンジで3万円弱は少々微妙、予算は2万円が妥当でしょう。

そこで、今度は中古品も視野に探してみました。
そうしたところ、ヤフオクで新品の3100が、なんと即決21,000円で出品されています。
電波ソーラーのトリプルセンサーでこの値段は、他にはもうありません。
即行、ポチってしまいました。

非常にコンパクトなPRO TREC です。

ブツは、ポチった翌日に届きました。

一応、CASIOのケースに入っていますが、取説などはありません。
時計には商品タグが一つついているだけでした。

やはり21,000円、ワケありのせどり品なのでしょうか?
もちろん、時計自体は新品できちんと動作します。
取説もネットでDLできますし、まったく問題ありませんね。

さっそく、時計を24h表示に切り替えて装着してみます。
まずは、第三世代のセンサーが非常にコンパクトなのには驚きですね。
もちろん、時計自体もコンパクトで、ぱっと見PRO TRECのようではありません。

向かって右側の方位、気圧、高度のボタンも、それぞれが独立したダイレクト型です。
ボタンの側には分かりやすいマークが入っていますので、操作に迷うことはありません。

さっそく腕につけてみましたが、なんとも付け心地の良いベルトで感激しました。
息子のウェーブセプターと同じこのゴムベルトは、ホント最高ですね。

大きい時刻表示が、老眼の身には嬉しいです。
気温・気圧や高度の表示もバッチリですね。

そして、長らく欲しかった方位機能も付いています。

カレンダーを月日表示にしたり、時計表示で気圧変化をみることもできます。

あと、意外と面白いのが日の出と日の入り時刻の表示ですね。
眺めているだけで季節の移ろいを感じる、味な機能です。

時計は実物をみないと分からない

ということでPRW-3100、必要な機能をソツなくまとめた、とても優等生な時計です。
これだけの機能を搭載しながら、コンパクトで軽いのが素晴らしいですね。
もちろん、スーツに合わせても違和感ないですし、袖口の邪魔になることもありません。

ただ、個人的にはちょっと物足りなさを感じてしまったのでした。
やはり、PRO TRECというと、私としてはこのイメージなのです。

PRT-40、1996年のモデルです。
私が最初に手にしたPRO TRECがこれでした。

当時はトリプルセンサーが大きくて、もうそれだけで存在感がありました。
多機能なところも好みでしたが、それ以上にこの存在感が魅力だったのです。

それと比べると今回のPRW-3100は、ちょっとライトすぎるんですよね。
たぶん、ライバルのスントあたりの影響を受けているんでしょうけれど。
これならまだ、那覇空港で失くしたPRW-500のほうがPRO TRECらしいかもです。

そう考えると、私にはこちらのモデルの方がよかったのかもしれません。
価格も同じぐらいだし、買ってから少し後悔したのでした。

PRW-2500、海外向けのモデルです。
もちろん、電波ソーラーのトリプルセンサーですね。
後日、ヨドバシカメラで実物をみて、その存在感に圧倒されました。

やはり、腕時計だけは実物をみないとダメですね。
ネットやカタログの写真だけでは、実物が放つ存在感までは分からないモノです。

ただ、時計表示は3100のほうが大きいし、日の出日の入り機能も付いてますしね。
(日の出日の入りの代わりに、PRW-2500には月齢表示がついてますけど。)
それに、普段使いするには、2500はちょっと大きすぎるかもです。
やはり、ツールとして使い倒すのであれば、優等生な3100に軍配でしょう。
あとはホント、PRT-40 のような存在感があれば完璧なんですけどね。(笑)

返す返すも、PRT-40を壊してしまったことが悔やまれます。
ぶっちゃけ、中古で PRT-40をゲットしようかとまで思いましたが。
でも、いまさら電波ソーラーではないPRO TRECには戻れませんしね。

後日、これをつけて蔵王温泉までカブで走りました。
やはり、腕につけた時計で高度や気圧が確認できるのは、最高に面白いです。


これだけ優秀な時計なら、2台目のPRW-500のようにすぐに愛着がでてくるでしょう。
PRW-500も、購入当初は PRT-40ほど愛着がもてませんでした。
でも、気づけばないと寂しい時計になりました。

まずはガンガン使って、PRO TRECと一緒の時を三度楽しみたいと思います。
もちろん、今度はどこかに落として失くしたりしないように気を付けて…。
時計は必ず腕にするを、徹底したいと思います。

-腕時計, 趣味
-,

執筆者:

関連記事

ブログについて

ネットを始めて20年、ここにきて初めてブログをやろうと思ったのはFaceBookのせいである。早い話、FaceBookへのアンチテーゼがキッカケだ。 FaceBookは、ずっと食わず嫌いできていた。い …

腕時計徒然-04

タグ・ホイヤーのベルト調整しました ベルトがきつめだったボーイズのタグ・ホイヤー、コマをひとつ追加しました。コマはヤフオクでゲット、即決価格2,980円です。 たかがコマ、されどコマ、いい値段ですね。 …

コールマンの赤ガス化

カブで遊ぶようになって、最近出番の多くなったコールマンのガソリンストーブです。ちょっと調子が悪かったので、自分で修理してみました。ついでに、念願の赤ガス対応に改造しました。これで、Bikeからいつでも …

古いパソコン

しばらく遊んでいました。 ひさしぶりのブログ更新です。実は二週間ほど、古いパソコンで遊んでいました。 結局のところ、遊びにも使えず売却のオチなのですが。今回は、そんなちょっと悲しくもスッキリ断捨離なお …

ブログ模様替え

今回のシルバーウィークは小雨続きの三連休であった。ツーリングや芋煮会を企画していた方には残念な連休であったと思うが、多忙の折、何の予定もなく休みに突入したWebiker家としては、どこかに出かけてやろ …

WebikerBlogについて

WebikerBlogについて
50歳で在宅フリーランスを始めました。
Microsoft OfficeのSetupオペレータです。
自由と家族、オートバイを愛しています。
そんな私の日々や思うトコを書いています。

リンク
部屋と外食と私

札幌の美味しいモノ、トコロをたくさん紹介

共感いただけたらクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村


フリーランスランキング