Webiker Blog

50才からフリーランスをはじめたオートバイ乗りのブログです。

Microsoft Office

Office Premiumの365サービス

投稿日:2019年6月12日 更新日:

PremiumというOfficeについてくる、365サービスについて解説します。
Office365 との違いや、更新が必要なのかどうか、なかなか分かりづらかったりします。
この記事が、365サービスの理解の一助になれば幸いです。

Office365とは別物です。

まず、365サービスは、Office365 ではありません。
365サービスは、Microsoft Office Premium についている、おまけのサービスです。

この Microsoft Office Premium は、プレインストールモデルです。
そして、永続版のOfficeです。

永続版とはその名の通り、追加料金など必要なく永続的に使えるモデルです。
ですので、有効期限がやってくるということは絶対にありえません。

期限切れといわれても早まらないように。

かさねて、Office Premiumは、永続版のOfficeです。
ところが、これにおまけでついてくる365サービスは、永続的なサービスではありません。

365サービスは、Officeを初回セットアップしてから1年間は無償です。
そして、2年目から有償になります。
継続するのには、6,264円/年かかります。

ということで、Office Premiumがバンドルされたパソコンを購入して11ヶ月もすると、マイクロソフトから以下のようなメールが届きます。

「365サービスのサブスクリプションは、〇年〇月〇日に期限切れとなります。サービスが中断されないようにするには、サブスクリプションを更新してください。」

ここで、よく分かっていない人は365サービスの継続手続きに進んでしまいます。
場合によっては、Office365の契約をしてしまう人も…。

でも、早まらないでください。
365サービスが切れても、Word、Excel、Outlook、PowerPointは問題なく使えます。
再三ですが、Office Premiumは、永続版のモデルです。

そもそも、365サービスとは何なのか?

それでは、その365サービスというのは、どのようなサービスなのでしょう。
365サービスは、Office Premium についてくる、以下の5つのサービスです。

 1.OneDriveを1TBまで使える。
 2.Skypeをひと月60分まで無料で使える。
 3.タブレットでOfficeが使える。(2台まで)
 4.スマホでOfficeが使える。(2台まで)
 5.テクニカルサポートを受けられる。

これをみて「何のこと?」と思うのなら、多分365サービスは不要です。
当然、サブスクリプションの更新とやらも必要ありません。
マイクロソフトからのメールは無視して、安心してOfficeを使い続けましょう。

サービスが必要な人は更新の手続きを

もちろん、365サービスをフルで活用している人は更新が必要です。
例えば、OneDriveを50GB以上使っている人とか。
あるいは、タブレットやスマホでOfficeをフルに使っている人とか。

個人的には、365サービスにはお得感があると思います。
特に、テクニカルサポートがいいですね。
中小企業や個人事業主さんで、パソコンに詳しくないけどOfficeを使わざるをえない人は多いでしょう。
ちょっとした使い方を知りたくても、近くにパソコンに詳しい人もいない。

そんな時に、このサービスは使えます。

マイクロソフトのエキスパートが、Wordの段落設定からExcelの罫線の引き方まで、遠隔操作で懇切丁寧に教えてくれます。
新しいメルアドの追加なども、サクッとやってもらえます。

これだけのサービスで、1年間の使用料金は6,264円です。
通常のサポート契約は1年間で15,660円ですから、かなりリーズナブルです。
365サービスの場合、Windowsのサポートは受けられませんが、あまり問題にはならないでしょう。
Windowsの操作は難しくありませんし、トラブルも少ないですからね。

ちなみに、365サービスは、一度解約しますと再契約することはできません。
自動更新が継続しているときのみ、6,264円で更新できます。
また、他人に譲渡することもできません。(本体の Premium は譲渡することができます。)

なお、2020年現在、365サービスは更新のタイミングで365Personalにコンバートされます。
そして、契約期間中は365Personalとして使用することができます。

PremiumはプレミアムなOffice

この365サービス、元々はOffice365Personal(旧名solo)というサブスクリプションモデルについているサービスです。
この、おまけのサービスだけを抜き出して、永続版のプレインストールモデルにくっつけたのがOffice Premiumなのですね。

しかも、Office Premiumにはもう一つ、サブスクリプションモデルと同じ特典が付いています。
それは、常に最新の状態でお使いいただけるという特典です。
今年の初めに、Office2019がリリースされましたが、Premiumの場合は5年以上前の購入でも、再セットアップすることで2019と同機能で使うことができます。

永続版なのにサブスクリプションモデルと同等の特典。
なんとも、Office Premium は本当にプレミアムなOfficeなのですね。

ただ、残念なことに、このPremiumモデルはOffice2019のリリースをもって提供が終了されたようです。
今は、永続版の2019か、あるいはサブスクリプションモデルの365のどちらかの選択になります。

ということで、PremiumのOfficeを使っている人は大切に使ってください。
このOfficeは、お使いのパソコンが壊れるまで使えますので。
勿論、追加の料金などは不要です。
そしてくれぐれも、ご登録のマイクロソフトアカウントを忘れないようにです。

-Microsoft Office
-, , ,

執筆者:

関連記事

パソコン初期化は慎重に

仕事は順調です。 今年に入って受電数が少なく心配していましたが、お盆明けから持ち直してきました。要因はいろいろありますが、Windows10のメジャーアップデートの影響が大きいですね。 今回のアップデ …

Microsoft office 2016 について

Microsoft Office のセットアップオペレータをしています。そんな、プロの私がご案内する、Microsoft office 2016 のイロハです。 一世代前のモデルですが、メインストリー …

正しいマイクロソフトアカウントの作り方

マイクロソフトアカウントは、Microsoft社の製品やサービスを登録・管理するためのアカウントである。登録する製品の中には数万円もするMicrosoft Office が含まれる非常に重要なアカウン …

マイクロソフトの電話サポート

マイクロソフトの電話サポートですが、入り方が意外とわかりづらいです。しかも、2021年の4月からは、これまでの窓口が閉鎖されます。今回は、マイクロソフトの電話サポートの入り方を、ご案内したいと思います …

Microsoft Office 2019 について

Microsoft Office のセットアップオペレータをしています。そんな、プロの私がご案内する、Microsoft office 2019 のイロハです。 Microsoft office 20 …

WebikerBlogについて

WebikerBlogについて
50歳で在宅フリーランスを始めました。
Microsoft OfficeのSetupオペレータです。
自由と家族、オートバイを愛しています。
そんな私の日々や思うトコを書いています。

リンク
部屋と外食と私

札幌の美味しいモノ、トコロをたくさん紹介

PUMEHANA adventures
西表島のツアーガイドさんのページです。
大自然で五感がときめく癒やしの冒険!

共感いただけたらクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村


フリーランスランキング