Webiker Blog

50才からフリーランスをはじめたオートバイ乗りのブログです。

Microsoft Office

既に使われているプロダクトキーと表示される。

投稿日:2019年6月13日 更新日:

2台まで使えるハズなのに!?

本日もOfficeのお話です。
これも、お問い合わせが多い事案です。

通常、これは再インストール、あるいは2台目へのインストールで発生します。
まずは、最初の時のようにoffice.com/setupのサイトで、プロダクトキーを入力します。
そうすると、「これは既に使われているプロダクトキーです」という衝撃のメッセージがでて先に進めません。
一体全体、どういうこと??って感じですね。

「2台まで使えるハズなのに、既に使われているとは何事だ!」
怒り心頭でお電話いただく場合も多々あります。

でも、落ち着いてください。
初回と二回目以降では、手順が違うだけのお話です。
ちゃんとした手順を踏めば、Officeは無事にインストールできます。
それでは、その手順をご案内しましょう。

初回と二回目以降では手順が違う

マイクロソフトアカウントに紐づけされるOfficeは、初回と二回目以降でセットアップの手順が異なります。
端的に言えば、初回はアカウントへの紐づけが必要ですが、以降は不要ということです。

結論を申しましょう。
二回目以降の場合は、こちらのページにアクセスしてインストールしてください。

サインインは、初回セットアップ時に紐づけした(登録した)マイクロソフトアカウントで行います。
すると、登録されているOffice製品がズラッとでてきます。
あとは、インストールしたいOfficeの「インストールする」リンクをクリックするだけです。
インストールの画面が出て、15~20分で完了します。

インストールが完了すれば、すぐにOfficeが使えます。
プロダクトキーの入力などは必要ありません。
紐づけが終わっているので、プロダクトキーの入力はいらないのですね。

なお、インストールしたいOfficeが出てこない時は、アカウントが違っています。
あらためて、正しいアカウントでサインインし直してください。

どのような理由で「既に使われている」なのか

まず、お手元のカードのプロダクトキーは、マイクロソフトアカウントにOfficeを紐づけするための引き換え番号です。
ユーザーは、このプロダクトキーで製品をアカウントに紐づけします。
つまり、既に使われているとは、既にアカウントに紐づけされていということなのです。

なので、 基本的に紐づけが完了したらプロダクトキーのカードは不要になります。
紐づけ後は、マイクロソフトアカウントでOfficeを管理していきます。

もっというと、プロダクトキーのカードだけがあってもインストールはできません。
あくまで、大切なのは紐づけしたマイクロソフトアカウントなのですね。

ただ、プロダクトキーのカードは、のちのち製品の確認をしたりサポートを受けたり、あるいは他人に譲渡する際の重要な物証になりますので、捨てずに保管をしてください。
これがないと、サポートを受けられなかったり譲渡ができなくなったりします。

紐づけされるOfficeとは?

基本的に、2013以降のOfficeは、すべて紐づけタイプです。
例外は、以下の3つのモデルです。※2019年4月現在

  • プロダクトキーのカードが白色の2013
  • プロダクトキーのカードが四つ折りの2016
    ※四つ折りタイプにはPremiumもあるので注意してください。
     Premiumは紐づけされるOfficeです。
     どちらなのかは、折りたたんだ時の表紙に書いてあります。
  • プロダクトキーのカードが二つ折りで、Officeの文字色がグレーの2019
    ※Officeの文字色がオレンジのモノは紐づけタイプです。
    ※surfaceに付属のOffice2019は、二つ折りではなくめくるタイプです。
     これも紐づけするしないの切り分けは、Officeの文字色になります。

すべて、プレインストールモデルです。
この紐づけされないタイプは、プロダクトキーのカードがないとインストールができません。
プロダクトキーのカードは、絶対に無くさないようにしましょう。

マイクロソフトアカウントが大切

くどいようですが、そういうことです。
これが分からないと、、、お買い直しです。

アカウントを覚えておかなくてはいけない、ちょっと面倒な感じもします。
でも、この紐づけタイプのOfficeは、アカウントとネットさえあれば、いつでもどこでもインストールができるということでもあるのです。
要は、昔のインストール用のディスクが、アカウントに置き換わったのですね。
そして、アカウントが分からなくなったというのは、インストールディスクをなくしたのと同じことになるのです。

アカウントは、個人の製品やサービスを管理する、個人情報の最たるものです。
忘れてしまったアカウント、泣こうが喚こうがマイクロソフトは絶対に教えてくれません。
そして、紐づけされるタイプのOfficeにとって、これは再重要な情報なのです。

ということで、紐づけタイプのOfficeを使っている人は、プロダクトキーのカードにアカウントとそのパスワードをメモしておきましょう。
アナログな対策ですが、これが一番間違いのない方法です。

-Microsoft Office

執筆者:

関連記事

プロが教える Microsoft Office の初回セットアップ方法

Microsoft Office のセットアップオペレータをしています。そんな私がご案内する、間違いのないOfficeの初回セットアップ方法です。 まず、事前確認をしましょう。 Officeをセットア …

サブスクリプションの有効期限が切れています。

Microsofro Office のお話です。 Microsoft Office のサポートをしていて、よくあるのがこのお話です。結論から言うと、原因は以下の2つのどちらかです。  1.文面通り、有 …

2016 for Mac のライセンス認証ができない

最近、ちょくちょく目にする問い合わせです。Microsoft Office 2016 for Macで、突然ライセンス認証ができなくなります。そして、Officeが使えなくなる現象です。以下に、原因と …

マイクロソフトアカウントを忘れた時

アカウントが分からないとヤバいです。 パソコンを初期化してOfficeを再インストールするとき、OfficeによってはマイクロソフトアカウントでダウンロードのWebPageにアクセスする必要があります …

Officeのライセンス認証が取れない

いろいろなパターンがあります。 Windowsをアップデートしたりパソコンを初期化したタイミングで、Officeのライセンス認証が外れてしまう場合があります。ライセンス認証が外れてしまうとWordやE …

WebikerBlogについて

WebikerBlogについて
50歳で在宅フリーランスを始めました。
Microsoft OfficeのSetupオペレータです。
自由と家族、オートバイを愛しています。
そんな私の日々や思うトコを書いています。

リンク
部屋と外食と私

札幌の美味しいモノ、トコロをたくさん紹介

共感いただけたらクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村


フリーランスランキング