Webiker Blog

50才からフリーランスをはじめたオートバイ乗りのブログです。

雑記

現場からの芋煮戦争論

投稿日:2020年9月10日 更新日:

先日、秘密のケンミンショーの芋煮特集を面白く視聴しました。
なんでも、芋煮戦争勃発とのことで、笑ってしまいますね。

確かに昔から、芋煮に関しては山形と宮城、他県とで、ちょっとした軋轢があったります。
それでは、実際の芋煮会事情などをもとに、戦争勃発の理由を考察してみたいと思います。

9月になったら芋煮会です。

今年も、芋煮会の季節がやってきました。
山形も、コロナの影響で大芋煮会こそ中止になりましたが、週末になると馬見ヶ崎の河原には、あちらこちらから芋煮の煙が上がって楽しそうです。

いまさらですが、芋煮はバーベキューと同じく野外で食を楽しむイベントです。
盛夏の頃はバーベキューが雰囲気ですが、陽が柔らかくなってきたら芋煮ですね。

秋空の下、気の合う仲間と芋煮の鍋を囲むのは楽しいモノです。
かまどに鍋をかけ、薪で芋を煮て、牛肉、こんにゃく、ネギ、ゴボウを加えて味付け。
そうしてできあがった芋煮を、みんなでワイワイと食します。
秋風に吹かれながら堪能する、あの芋煮のうま味、最高のひと時ですね。

さて、そんな芋煮会ですが、バーベキューとは決定的に違う点が1つあります。
そして、それが戦争勃発の理由のように考えます。
それではその辺りを、詳しく考察していきたいと思います。

芋煮会は、委任と承認のイベントです。

芋煮とバーベキューの決定的な違い、それは調理方法の違いです。
バーベキューは焼き物料理ですが、芋煮は鍋料理です。

鍋料理ゆえに、芋煮には味付けという工程が入ります。
そして、その味付けは、参加者同士の委任と承認によって行われるのです。

この委任と承認の芋煮に対して、バーベキューは非常にパーソナルです。
基本、何をどのように焼いて何味で食べるかは、個人の自由に委ねられています。
ところが、一つの鍋て調理される芋煮の味付けは、ある者に一任される形になるのです。

味付けを任された者は、参加者全員からの委任でもって味付けを行います。
そして、その味付けが参加者全員に承認されて、初めて芋煮は完成するのですね。

ということで、味付け担当者の責任は重大です。
なぜなら、みんなの芋煮の運命は、味付け担当者のさじ加減にかかっているワケですからね。

そして、その担当者には、みんなの芋煮をゆだねられた誇りとプライドがあったりします。
この委任と承認のシステム、そして誇りとプライドが、戦争勃発の理由なのですね。

傍から見ている分には、平和で楽しい芋煮会です。
しかし、そこには絶妙な人間力学がかくれていたりするのです。

他人の味付けにケチをつけてはいけない。

ちなみに、テレビで紹介されていた味マルジュウは、インスタント調味料です。
多くの山形芋煮は、醤油と酒、そして砂糖で味付けをします。
そして、そのさじ加減がまた、なかなか絶妙だったりするのですね。

また、アクの取り方ひとつで揉めたりすることもあります。
材料の投入方法や順番などもさまざまです。
つまりは、芋煮の作り方は人それぞれ、いろいろな流儀があるのですね。

なので、芋煮の味付け担当者は、絶対的な権力者だったりもします。
結局、そうでなければ、味も工程も決まらないのですね。

そして、そんなシビアな状況下で、県外の部外者が「芋煮は味噌」などと口走る。
はい、これが戦争の火種となるのは、火を見るよりも明らかですね。

他人の味付けとクルマの運転にケチをつけてはいけない。
人間社会を上手に渡り歩く上での、イロハのイです。

もちろん、芋煮を愛するすべての人がそうというワケではありませんけどね。
でも、こだわる人はこだわるのが芋煮なのです。
テレビでは、芋煮戦争で殴り合いになったという人も出ていました。
ぶっちゃけ、それも分かる気がします。

マイペース芋煮がおすすめです!

ということで芋煮会、楽しいのですが、ちょっと面倒くさいところがあったりします。
少なくとも、バーベキューのような自由奔放さはないですね。

なので、それがちょっと苦手な私は、サクッと自宅の玄関先でパーソナルに芋煮をします。
道具は、小型のアルミ鍋とキャンプ用の焚火台、そして植木鉢の台ですね。

いくら自宅とはいえ、キッチンでは雰囲気が出ません。
なので、芋煮はぜひ、屋外でやりましょう。

もし、焚火が難しいなら、キャンプ用のストーブやカセットコンロもアリです。
これで、河原でやるのとそん色ない、本格的な芋煮が楽しめます。
そして、ちょっと面倒な芋煮の人間力学からも解放ですね。

ちなみに、私は宮城の出身ですが、芋煮は山形派です。
やっぱり、これが芋煮の王道とは思いますね。

でも、テレビを見ていたら、久しぶりに宮城の芋煮が食べたくなりました。
高校の時の芋煮会、楽しかったです。
そんな思い出に浸りつつ、今年は醤油と味噌の二つを作るのも面白そうです。

いずれにしても、たかが芋煮会、されど芋煮会です。
今年も、我が家は戦争とは少し距離をおいて、美味しい芋煮をを楽しもうと思っています。

-雑記
-,

執筆者:

関連記事

気楽な50代

思っていたよりも気楽です。 50代に突入して、まもなく2年です。若い頃は、50歳にもなったら人生終わりなんて思ってましたけど。でも、実際はそんなことないです。 今でも、気持ちは25歳の頃のままです。そ …

コロナウィルスと闇営業

ここ数日、世間を賑わせている新型コロナウィルスと闇営業事件のその後です。どちらも、人間の本質をまじまじと見せつけてくれる事件ですね。結局は、誰もが死を恐怖しながら好き嫌いで生きているってことだと思いま …

死ぬということ

こんなタイトルですみません。 もちろん、私自身は重篤な病気というわけでもなく、いたって元気なのですが。どうにも世間における死生観のようなモノに違和感を感じる昨今です。今回は、死に対する私の経験と考えを …

アイドルの原点、私のキャンディーズ

聖子ちゃんにPerfumeと、独断と偏見のアイドル論を語ってきました。となると、やはりキャンディーズを無視するわけにはいかなくなります。この国のアイドル文化の原点はキャンディーズ。そして、私のアイドル …

アナと雪の女王2【映画レビュー】

昨年末の話になりますが、アナ雪2を観てきました。まぁ、よくある話のディズニーアニメで、おおよそ中年男が観るような映画でもないのですが、このシリーズ、初回作から心惹かれてしまいます。そんな50歳Bike …

WebikerBlogについて

WebikerBlogについて
50歳で在宅フリーランスを始めました。
Microsoft OfficeのSetupオペレータです。
自由と家族、オートバイを愛しています。
そんな私の日々や思うトコを書いています。

リンク
部屋と外食と私

札幌の美味しいモノ、トコロをたくさん紹介

共感いただけたらクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村


フリーランスランキング