Webiker Blog

50才からフリーランスをはじめたオートバイ乗りのブログです。

雑記

「その年、私たちは」3、4話レビュー

投稿日:2021年12月20日 更新日:

韓国ドラマ、「その年、私たちは」の3、4話が公開されました。
お約束通り、ここにきてようやく物語が動き始めましたね。
そして、やっぱりチェ・ウシクはすごくてキムダミちゃんは可愛いです。
それでは、そのレビューを書いてみたいと思います。

1、2話のレビューはこちら

ハイライトは、クク・ヨンスのツンデレぶりです。

3、4話のハイライトは、なんといってもここでしょうね。
3話冒頭の、クク・ヨンスのツンデレシーン。
ここで一気に、ヨンスは視聴者の気持ちを掴んだ感じがします。

あの桜のシーンは、序盤における名場面入り確定ですね。
どや顔で花びらを散らすヨンスもいいですが、それを恍惚と眺めるウンが最高です。
やはり、チェ・ウシクはうまいなぁと、あらためてそう思いました。

そして、3話のエピローグにおけるヨンスの泣きシーン。
あんなに強気でクールぶってるヨンスですが、根はやさしくていい娘なのですね。
ある程度想定していたとはいえ、これには完全にやられてしまいました。
これでは、ウンでなくとも愛せずにはいられないです。

やはり、今回もキム・ダミちゃんは最高すぎますね。
チェ・ウシク目当てで観はじめた配偶者も、いまでは完全にヨンス推しです。

恋のはじまりが明らかになりました。

ウンとヨンスの恋のはじまりも、ほぼ明らかになりました。
予告編のとおり、それはあの雨宿りのときだったのですね。

しかし、ウンとヨンスで、その記憶が違うトコロが笑えます。
しかも、それぞれの回想シーンで、二人の履いている靴が逆なのがすごいですね。
この芸が細かい演出には、おもわず唸ってしまいました。

そして結局、二人のなれそめは、そんなにドラマティックなモノではなく。
あの日の天気と雰囲気、そしてウンの微熱のせいだったとは…。
こんなにリアルで、かつロマンティックな展開が、観ていてとても心地よいです。

らしくない質問をするウンと、柄にもなく微笑んでしまうヨンス。
そんな二人がとても可愛くて愛おしい、こちらもなかなかの名場面ですね。

そして、残すはどうして二人は別れてしまったのかのくだりですが。
これも、意外とささいなことが原因なのかもしれないですね。

スイッチの入ったウンも見どころです。

物語は、過去の話と並行して現在の話も動き出しました。
まずは、ウンとヨンスが再びドキュメンタリーを撮るに至る経緯ですが、うまいですね。
なるほど、そうもってきたかと大笑いです。

そして、ソエンショップのプロジェクトにも進展がありました。
これが、なかなかシビアな展開ですね。

プチヒールのヌアです。
演じるのは、ヴィンチェンツオのハンソ役だった、クァク・ドンヨンですね。
思わず、「おおっ、バベルの弟だ」とつぶやいてしまいました。

ウンとヌアの間にも、過去に何かあるようで気になるばかりです。
あの穏やかなウンが、ヌアの前では殺気立っていますからね。
こちらも、次週以降のお楽しみ項目です。

それにしても、スイッチが入ったときのウンは別人ですね。
これにはヨンスもタジタジで、こちらも今回の見どころだと思いました。
このウンの二面性を破綻なく演じるチェ・ウシクは、やはりすごい俳優ですね。

いまのところ、ハッピーエンド確率は70%

物語が25%まで進んだ時点で、どのようなエンディングを迎えるのかは、まだ皆目不明です。
ただ、この流れからいくと、かなりヤキモキさせられる展開のような気がします。
そして、さんざん視聴者を振り回して、最後はウンとヨンスが結ばれる結末なのでしょうか?
現時点では、ハッピーエンド確率は70%と、少し高めに予想しておきましょう。

ちなみに、私がヨンスといい仲になるのではと感じたチャン・チーム長。
カメオ出演というコトでそれはないと思っていましたが、4話にもちゃかり出演していますね。
しかも、ヨンスの部下たちからは、ヨンスといい関係なのではと噂までされています。
果たして、このままチャン・チーム長はレギュラーになるのでしょうか?

でも、あの展開をみると、やはりそのセンは薄そうですね。
ウンとヨンスからひんしゅくを買ったところで、彼は退場になるような気がします。

いずれにしても、こんな風にあれこれ予測をしながらドラマを観るのもひさしぶりですね。
韓国ドラマ、あなどれないです。
そしてまた、来週の配信が楽しみなばかりです。

-雑記
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

体育会系大っ嫌い

タイトルの通りです。 嫌いなモノがあまりない私ですが、これだけは嫌いです。嫌いというか、存在自体が許せないですね。 この国にはびこる各種ハラスメントや非生産性、あるいはくだらなさ。これら諸悪の根源は、 …

トイレのバルブユニット交換

トイレが水漏れするようになったので、バルブユニットを交換しました。この修理、メーカーに頼んでもやってもらえません。後学のために、修理手順をアップしておきたいと思います。 突然、水漏れするようになりまし …

カーズ3に泣く

昨日、封切されたカーズ3。 TVでの前宣伝もあって、ファンの息子と配偶者と3人で観に行った。 結論から言うと、トイストーリー3に匹敵の傑作映画である。 私の客観的指標であるヤフー映画。 そこでの評点が …

アイドルの原点、私のキャンディーズ

聖子ちゃんにPerfumeと、独断と偏見のアイドル論を語ってきました。となると、やはりキャンディーズを無視するわけにはいかなくなります。この国のアイドル文化の原点はキャンディーズ。そして、私のアイドル …

サラリーマン時代のお話-その6

今の仕事をはじめる前は、30年近くサラリーマンをしていました。いまとなっては懐かしい会社員時代です。そのときの思い出話、第六弾は事業譲渡から転職にいたるお話です。 サラリーマン時代のお話-その5はこち …

WebikerBlogについて

WebikerBlogについて
50歳で在宅フリーランスを始めました。
Microsoft OfficeのSetupオペレータです。
自由と家族、オートバイを愛しています。
そんな私の日々や思うトコを書いています。

リンク
部屋と外食と私

札幌の美味しいモノ、トコロをたくさん紹介

PUMEHANA adventures
西表島のツアーガイドさんのページです。
大自然で五感がときめく癒やしの冒険!

共感いただけたらクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村


フリーランスランキング