Webiker Blog

50才からフリーランスをはじめたオートバイ乗りのブログです。

オートバイ

スピードに魅せられて。

投稿日:

物心ついたころから疾走する乗り物に魅せられて、今に至ります。
かつては、スピードの魅力を存分に味わえる時代もありました。
そんな当時の思い出やこれからのことなどを、思うがままに書いてみたいと思います。

あおり運転防止法で、時代が変わりました。

2020年6月10日に、あおり運転防止法が施行されました。
走行妨害はもちろん、車間をつめたりパッシングも処罰の対象になるときがあります。
万が一、これが適用されると一発免取ですから厳罰ですね。

この法律が導入されたきっかけは、あの常磐道における妨害運転事件です。
宮崎何某とやらが高速道路上で他車を停止させ、運転手に殴りかかる映像は衝撃的でした。
もはや、道交法を越えて殺人未遂のレベルですから、厳罰は必須でしょう。

最近は、あのような交通トラブルも、大々的にメディアに取り上げられるようになりました。
これもひとえに、ドライブレコーダーが普及したからですね。
技術の進歩で、今の録画装置は手のひらサイズです。

ドラレコの威力は強烈です。
宮崎何某のような犯罪者も、かんたんにつるし上げられるようになりました。
もちろん、我が家のクルマにも、ドラレコが搭載されています。

ただまぁ、スピードが好きな者としては、ずいぶんと走りづらくなりましたね。
いまの公道は、万人による監視下です。
いつなんどき、メディアにアップされてつるし上げられるかわかりません。
もはや、好きなペースで公道を走り回れる時代ではないのですね。

昔の公道は、野生の大地でした。

そんな窮屈な公道も、かつては弱肉強食な野生の大地でした。
たとえば、高速道路でのあおりあおられなど、日常茶飯事でしたね。

追い越し車線でモタモタしようモノなら、車間をつめられてパッシングの嵐です。
また、飛ばしてるクルマの後ろをついていくなんてことも、よくやってました。

もちろん、だからといって宮崎何某のような蛮行を働くワケではありません。
好きな者同士の一期一会、お互いよくやるよなって感じのリスペクトでした。

愛機の性能をフルに発揮しての走行は、とてもエキサイティングです。
あのヒリヒリとした緊張感には、たまらないモノがありますね。
まさに、スピードが持つ暴力性の魅力というヤツです。

この辺りのことを、ファンタジーに表現したのがあいつとララバイでした。
それよりも、もう少し現実的なのがキリンですね。

そして真打は、1979年公開のMADMAXでしょう。
この有名なラストシーンは、スピード好きの心を鷲掴みにしました。

マックスに追い詰められるトーカッター。
その走りをローアングルで捉えたカットがたまりませんね。
あのヒリヒリとした疾走感を、これだけよく再現した映像は、他にはないと思います。

また、グースのこの走りなども、まさに熱い走りというヤツですね。

もちろん、リアルでこんなことをしてしまっては、ただの犯罪行為ですけど。
しかし、これらの映像からは、野生に対するロマンを感じ取ってしまうのです。

駿馬を駆る悦び

かつて、大藪春彦氏は、クルマは身体機能の拡張だと述べていました。
また、敬愛する五木寛之先生は、運転免許証は能力の証明書と仰っています。
さすが、クルマも大家のお二方、見事に真意を突いた言葉ですね。

クルマやオートバイを運転することは、駿馬を駆ることと同じです。
それは、身体が一日に500~1000kmもの移動ができるまでに拡張されることを意味します。
つまり、クルマやオートバイは身体的なパワーであり、そしてその象徴なのですね。

そして、そのパワーを飼いならすスキルはステータスです。
これが、高級車やスポーツカーが尊ばれることの源泉ですね。
要は、超絶高性能車を完全に乗りこなす人は、間違いなく格好いいということです。

そして、それは実力主義のヒエラルキーでもありますね。
その辺りをシステマティックに突き詰めたのが、かつての暴走族なのかもしれません。

これについては、クルマやオートバイを駆る人なら、誰もが感じるトコロだと思います。
そして、その潮流は、今日までずっと続いていたのですね。

五木先生は、クルマを降りた際に、性的機能の放棄を感じたと述べていました。
また、ご年配は、なかなか免許を返納したがりません。
私もかつて、クルマに乗れなかった時期は、手足がもがれた感じがしたモノでした。
これらのことも、前述の運転者心理からすれば、至極納得のいくところですね。

しかし、ここにきて、このようなクルマを取り巻く環境は、大きく変わろうとしています。
それは、自動運転の登場ですね。
これで、今述べてきたようなこれまでのクルマ社会は、根底からひっくり返ると思います。

飼いならされるクルマ社会

自動運転により、クルマは身体能力の拡張ではなくなります。
また、その性能をフルに引き出すスキルも、ステータスではなくなります。

それはそうですよね。
なぜなら、自動運転の運転者は、人ではなくて機械なのですから。

この変化により、まずは高級車やスポーツカーの類が消滅するでしょう。
これらのモノは、存在自体に意味がなくなります。
ポルシェが利益率70%の春を謳歌できるのも、あと十年続けばいいところですね。

そして、それはクルマの白物家電化を意味します。
公道を、愛機で疾走するようなこともなくなりますね。
まさに、飼いならされたクルマ社会の到来です。

もちろん、これはクルマの正常進化であり、歓迎すべきことでしょうけど。
しかし、個人的には一抹の寂寥感を禁じ得ませんね。

自動運転など、もっと遠い未来の話と思っていました。
往年のクルマ好きやオートバイファンは、この変化をどう感じているのか気になります。

ちなみに、我が家の息子は、このことについてまったく意に介していませんね。
いまどき、ドリフト走行などを楽しむのは、ブラジル人ぐらいのようです。

やはり、世の中が豊かになったのでしょう。
もはや、クルマやオートバイで疾走することなど、誰も求めてはいないのです。

でも、自らの手でマシンを駆り、時空の間を疾走するのは野生の醍醐味です。
そこには、いま自分は生きているのだという実感がありますね。
それは、飼いならされた世界では絶対に味わうことができないエクスタシーです。

剝き出しのリアルは、いつも最高に刺激的ですね。
そんなスピードの魅力を愛でる者として、これからもひっそりと走り続けたいと思います。

-オートバイ
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

カブのステッカーチューン

カブのレッグシールドを交換したので、ステッカーを貼りなおしました。たかがステッカーされどステッカー、これもこだわり始めるとキリがないですね。最終的には自作して、なんとか満足のいく形になりました。 こだ …

2021年 夏の走り

今年は夏らしい日が続きます。さっそく、カブで夏の走りを堪能してきました。 夏の日差しに誘われて。 今年の夏は長いです。梅雨明けが早かったので、暑いよりも長いという感じです。夏日が10日以上も続き気分は …

あいつとララバイ、私の原点

あいつとララバイは、私に多大なる影響を与えてくれたBikeマンガです。そこに描かれているのは、Bike乗りにとってのパラダイス、そして私の人生の原点です。今回は、そんなあいつとララバイの世界観を、私な …

Bike修理最終章

そして連休最終日。今日を逃したらもう雪が降ってくるぞという事で、朝からいそいそと作業に取り掛かる。 まずは、ガスケットのはみ出し部分をカッターでトリミング。 その後、Bikeをガレージから出して、いよ …

カタナの想い出

2010年から4年間、GSX1100S、カタナのイレブンに乗ってました。このBikeも、私のオートバイ人生を語るのに欠かせない1台です。結論から言うと、とてもいいBikeでした。あの夢のような日々をし …

WebikerBlogについて

WebikerBlogについて
50歳で在宅フリーランスを始めました。
Microsoft OfficeのSetupオペレータです。
自由と家族、オートバイを愛しています。
そんな私の日々や思うトコを書いています。

リンク
部屋と外食と私

札幌の美味しいモノ、トコロをたくさん紹介

PUMEHANA adventures
西表島のツアーガイドさんのページです。
大自然で五感がときめく癒やしの冒険!

共感いただけたらクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村


フリーランスランキング